海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/10/19 リスクオフ材料が連発でマーケットは再びのリスクオフ。懸念材料を再確認しておきたい。

【Rank-FX】2018/10/19 リスクオフ材料が連発でマーケットは再びのリスクオフ。懸念材料を再確認しておきたい。

2018.10.19

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
10/18 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日マーケットは午前中は様子見姿勢のレンジマーケット。

ロンドンタイムに入ると
EUのイタリア予算案拒否報道などから欧州通貨売りとなり
ユーロ円・ポンド円がじりじりと下げる展開。

NYタイムに入ると株安からドル売り円買いも重なり
リスクオフムード一色に。

ドル円は株価の反転に合わせて下げ止まりを見せましたが
欧州通貨は政治要因のため戻りが鈍く
マーケットには重い雰囲気が漂う一日となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

11:00(中)小売売上高 (前年比) (9)
11:00(中)鉱工業生産 (前年比) (9)
11:00(中)NBS記者会見 講演
11:00(中)国内総生産 (前年比) (Q3)
11:00(中)国内総生産(前四半期比) (Q3)

15:35(日)日銀黒田総裁記者会見

17:30(英)公的部門純借入額 (9)

21:30(加)小売売上高 (除自動車) (前月比) (8)
21:30(加)小売売上高 (前月比) (8)
21:30(加)消費者物価指数 (前年比) (9)
21:30(加)消費者物価指数-コア(前月比) (9)
21:30(加)消費者物価指数 (コア) (前年比) (9)
21:30(加)消費者物価指数 (コア) (前月比) (9)
21:30(加)消費者物価指数 (前月比) (9)

23:00(米)中古住宅販売件数 (9)

01:10(英)BoEカーニー総裁講演 講演

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は通貨ごとに異なった方向性になりそうな印象。

ドルは昨日の下げの主要因が株安だったことから
本日はリスクオフからの戻りを試すイメージでいます。

一方欧州通貨は、EUがイタリア予算案を否決したことが
主な要因となっているため、上値の重い展開、
さらには一段安に警戒が必要な展開となるイメージです。

金曜日ということもあって、終盤はレンジか。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は一時112円割れも現時点では112.3台まで回復。
本日は押し目買いで臨みたいが、
上値は112.5付近が精いっぱいとイメージします。

112.3割れから買い回転。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはじり安の展開。
ブレグジット問題、イタリア予算問題など
政治的な懸念材料が重石に。

本日は1.147からの戻り売り方針とします。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルはここにきて下方向への警戒感が漂ってきた。

本日は1.300-1.304のレンジをイメージで
売りから入りたい。下を抜ける可能性はそれなりに高いと考えて
買いは状況をみながら慎重に。

【5】N225(日経225)

225は米株の下げに連れ安となりましたが
本日は10時過ぎからしっかりの展開。

本日は押し目買いで臨みます。
22400割れから。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはレンジですが、米株が下げたときには
素直に買いで反応していました。

本来の安全資産としての役割が
戻ってきたという事でしょうか。

今日はひとまずレンジとみて
1225-1230で逆張りとします。

長期で見ると下げ止まった印象です。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはじり安で
bitfinex騒動前のレンジ水準に。

現水準はだいぶ居心地が良さそうで
今日はレンジイメージで臨みます。

6550-6650で逆張りとします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!