海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2020/01/31 新型コロナウイルスがメイン材料。

【Rank-FX】2020/01/31 新型コロナウイルスがメイン材料。

2020.1.31

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
01/30 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットも新型コロナウイルスを材料とした値動きが中心

春節明けのアジアマーケットが軒並み株安で始まると
リスクオフの動きが優勢に。

ロンドンタイムにはMPCを控えて
いったん様子見姿勢が広がりレンジに収束するも
その後のWHOの緊急事態宣言などを受けて
サイドリスクオフの動きが広がりました。

そんな中でポンドはMPCでの据え置き決定を受けて大きく上昇。
ジョンソン首相の財政出動政策を評価し
今後緩やかな引き締めに向かう可能性を示唆したことが
ポンド買いの支えとなりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:30(欧)スイス小売売上高(実質) (前年比)

19:00(欧)伊 国内総生産(前年比)
19:00(欧)伊 国内総生産(前四半期比)
19:00(欧)国内総生産 (季調済) (前四半期比)
19:00(欧)国内総生産 (季調済) (前年比)
19:00(欧)消費者物価指数 (前年比)
19:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前年比)

22:30(米)個人消費支出(PCE)コア価格指数 (前年比)
22:30(米)個人支出
22:30(米)個人所得 (前月比)
22:30(米)個人消費支出(PCE)コア価格指数 (前月比)
22:30(加)GDP (前月比)

23:45(米)シカゴ購買部協会景気指数

00:00(米)ロイター・ミシガン大学消費者信頼感指数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

今日は欧州CPI、GDP、ミシガン大消費者信頼感指数などが
注目指標となります。

とはいえ新型コロナウイルスへの注目度が高く
関連報道で一喜一憂という事になりそう。

今朝からは株価も戻りを試していますが
引き続き頭は警戒モードでマーケットに臨みたい。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は108円台半ばまでリスクオフ進行後に反発して
109円台まで回復。

ここからは慎重になりそうな印象で
108.8-109.2のレンジをイメージして売りから入りたい。
買いで入る場合は慎重に。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルは狭い値動き。
今日は1.100-4で逆張り方針。
どちらかと言うとドル買いが優勢になりそうな
印象を持っています。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルはポンドが大きく買われる形に。
もっとも日足ではまだレンジ内。
今日はロンドンオープンの欧州勢の入り方に注目しておきたい。
1.307付近まで押し目があれば買ってみたい。

【5】N225(日経225)

225は売りが優勢の展開となりましたが
NY午後からは反騰。
上値追いには慎重にならざるを得ず、
新型コロナウイルス関連のニュースをチェックしながら
23200-23400レンジの売り回転をイメージ。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはじり高から反落。
リスクオン・オフの意識が素直を表れています。

今日は1570-1580レンジで逆張り方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはNY午後に上下に振れる場面がありました。
しかしその後が続かず。
今日は押し目買い方針で9400割れの
9300に近いところまで引き付けてから買いで入りたい。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!