海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2019/12/18 マーケットは早くもクリスマスモード?各種指標にも反応薄。

【Rank-FX】2019/12/18 マーケットは早くもクリスマスモード?各種指標にも反応薄。

2019.12.18

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
12/17 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは印象としてはしっかりですが
比較的閑散とした相場になりました。

そんな中でポンドは再びの下落基調に。
ジョンソン英首相が
EU離脱の移行期間である2020年末の延長を回避する法改正を目指す」
と報道されたことで、再び合意なき離脱の可能性が浮上。
選挙後の上昇を全て失う大きな下落となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:00(欧)独 生産者物価指数 (前月比)

18:00(欧)独 IFO調査 – 現状評価
18:00(欧)独 IFO 指数 (予想)
18:00(欧)独 IFO企業景況感指数

18:30(英)小売物価指数 (前月比)
18:30(英)小売物価指数 (前年比)
18:30(英)生産者物価指数 – 仕入 (前年比)(季調前)
18:30(英)コアPPI出荷高(前年比)(季調前)
18:30(英)消費者物価指数 (コア) (前年比)
18:30(英)消費者物価指数 (前年比)
18:30(英)消費者物価指数 (前月比)

19:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前年比)
19:00(欧)消費者物価指数 (前月比)
19:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前月比)
19:00(欧)消費者物価指数 (前年比)
19:00(欧)建設生産高 – 労働日数調整済み (前年比)
19:15(米)FOMC理事 ブレイナード氏会見

20:15(欧)欧州中央銀行(ECB)クーレ専務理事講演

22:30(加)消費者物価指数 (コア) (前年比)
22:30(加)消費者物価指数 (コア) (前月比)
22:30(加)消費者物価指数 (前年比)
22:30(加)消費者物価指数-コア(前月比)
22:30(加)消費者物価指数 (前月比)

23:00(欧)スイス SNB四半期報告書

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は英・欧で指標多め。

最も英国に関しては引き続き政治要因でのフローが続きそうで
経済指標では動きにくいのが本音。

基本的にはクリスマスモードで移行しつつあり
方向感のない展開が続きそう。

薄い商いの中で、突発的なニュースによる急な値動きに注意。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は狭いレンジに終始。
今日は109.4-6の外寄りを意識して逆張り方針。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルも基本的にはレンジ。
ジョンソン首相の報道とそれに対する
欧州委員会当局者発言で振幅。

今日もニュースフローに警戒しつつ
1.113-6で逆張り方針。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドは大きな下げとなりました。
ジョンソン首相のEU離脱に向けた強硬姿勢で
今後も上下に揺さぶられる展開が続きそう。

今日は戻り売り方針で1.30ラインを目指す展開を意識。

【5】N225(日経225)

225は動意薄の流れ。
クリスマス休暇に向けて調整の動きに注意しつつ
今日はレンジ逆張り。

23950-24050で逆張り方針。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはEU離脱期限を巡る一連の報道に反応して
上昇する場面が見られました。
今後もリスクの高まりとともに買われる可能性が見えた一方で
リスクオンには反応薄、という事になっていきそうな印象です。

今日は1474-1480で逆張り方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはNY午後に断続的に大きく売られ下落。
前回急反発した水準まで来ましたが底値と判断するには時期尚早。
むしろ一段安に警戒しています。

今日はレンジの売りからで6750オーバーを売り場として意識して臨みます。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!