海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2019/11/01 米中協議への警戒感が高まりドル売り優勢。

【Rank-FX】2019/11/01 米中協議への警戒感が高まりドル売り優勢。

2019.11.1

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
10/31 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットはドル安、株安の動きが優勢に。

FOMCを受けてのドル買いで頭が重かったことから
いったん手仕舞いのドル売りが進んだことや、
米中協議の進展に関して中国当局筋の話として
合意に疑問との報道が出たことなどで
リスク警戒感が高まった格好。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:30(欧)スイス 小売売上高(実質) (前年比)
16:30(欧)スイス 消費者物価指数 (前年比)

18:30(英)Markit製造業PMI

21:30(米)労働参加率
21:30(米)平均時給 (前月比)
21:30(米)失業率
21:30(米)平均時給 (前年比)
21:30(米)週平均労働時間
21:30(米)非農業部門雇用者数

22:30(加)RBC(カナダロイヤル銀行)製造業PMI
22:45(米)Markit製造業PMI
23:00(米)ISM価格統計
23:00(米)ISM製造業景況指数

01:00 USDFOMCメンバー、ウィリアムズ氏講演

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

今日は雇用統計。
昨日ドル安が進み、いったんレンジを作って
イベントに臨む格好になりそう。

指標は結局出たとこ勝負ですが
米中問題やFOMCの声明を考慮すると
好結果が出てもドルの上値は抑えられそうな印象。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円はじりじりとドル安が進み一時108円割れまで。
今日は108.0-2の狭いレンジで雇用統計待ち。

雇用統計はいずれにしても売っていってよさそうな印象。
数字次第でどこで売るかだけの話のような気がしています。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはレンジ形成。
ユーロは対円では大きく売られておりリスクオフの状況。
今日は1.115-7で雇用統計まで。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルはドル売りがやや優勢。
こちらも対円では売りが優勢でリスクオフモード。
雇用統計までは1.294-8で逆張り方針。
ブレグジット関連報道には注意。

【5】N225(日経225)

225はリスク警戒の動きから海外株の下げに合わせて反落となりましたが
今朝は22800タッチまで値を戻しています。

今日は22800-22900で押し目買いから入り
雇用統計後は反応を見てからついていきたい。
指標が悪くても利下げ期待で買われることも。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはじり高。
安全資産の本領といったところ。

今日は雇用統計まで1508-1512で逆張り。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはいったん9000割れを試しに行ったが失敗、
逆に9400まで巻き戻しといった動き。
目線は下で9000割れを試しに行きたいモメンタムがある印象。

今日は戻り売りで9000で手放す展開をイメージ。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!