海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2019/09/13 ECBで金融緩和決定もユーロは下げず。マーケットはリスクオンか。

【Rank-FX】2019/09/13 ECBで金融緩和決定もユーロは下げず。マーケットはリスクオンか。

2019.9.13

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
09/12 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットはECBが最大の注目材料でしたが、
その前に米中問題の前向きな報道を受けて
ドル買い円売りがじりじりと進む相場となりました。

その流れの中でECBは中銀預金金利引き下げ、
QE再開などを発表。

直後のマーケットはユーロ買い→売りの動き。
金融緩和発表後の動きとしては納得の展開。

ところがその後はじりじりとユーロ買いの動きが優勢となり
発表前の水準を超えてドル高となりました。

これはQEのボリュームがマーケットの期待値よりも
小さかったことで予想で下げていた分の
巻き戻しが入った格好。

ユーロ絡みは結局のところ方向感の出ない展開となりましたが
マーケットとしては米中問題の改善期待で
リスクオン。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

13:30(日)鉱工業生産 (前年比)

16:00(欧)経済財務閣僚会議

18:00(欧)労働コスト

21:30(米)小売売上高 (除自動車) (前月比)
21:30(米)小売売上高 (前月比)
21:30(米)小売管理

23:00(米)ロイター・ミシガン大学消費者信頼感指数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

米中問題の改善期待でドル高の流れが継続か。

今日は米小売売上高が予定されているので、
この辺の指標に足元をすくわれることがないか警戒しておきたい。

ドル高を支えているのが政治要因(米中問題)なだけに
週末の持ち越しは控えたい。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は108円台へ。
株価もしっかりでリスクオンが続いていますが
週末を前に高値掴みは避けたいと思うのが心理化と思われます。

押し目買いで高値圏ではしっかり利食っておきたい。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはECBを受けて大きく上下動も方向感出ず。

ECBへの期待で下げていた分の巻き戻しが
もう少しありそうですがレンジ形成しそうな印象。

1.105-1.110で逆張り方針とします。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルもECBの結果を受けて上下動。
しかしこちらも方向感出ずで元サヤ水準に落ち着きました。

引き続きブレグジット関連報道に警戒で
動きにくい展開継続と考えます。

1.231-5で逆張り方針。

【5】N225(日経225)

225はじり高の動きが継続。
日足でも買われすぎ水準に入ってきており
慎重に立ち回りたい。

21850付近での押し目買いで、高値圏ではしっかり利食い。

【6】XAUUSD(金)

GOLDもECBを受けて上下動しましたが元サヤへ。

今日はレンジイメージで1495-1505で逆張り方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは値幅は狭いながらもしっかりの展開となりました。
10500水準に小さいレジスタンスがありそう。

10250-10400の逆張り方針としますが
突発的な上抜け・下抜けに注意。
抜けるときは瞬間的に抜けそうなイメージを持っています。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!