海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2019/05/17 ファーウェイ排除で懸念も材料出尽くし感が買戻しを誘う。

【Rank-FX】2019/05/17 ファーウェイ排除で懸念も材料出尽くし感が買戻しを誘う。

2019.5.17

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
05/16 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは前半に米国でトランプ大統領が
実質的にファーウェイを排除する大統領令に署名したことを受けて
米中関係悪化の懸念から円買いが優勢となりました。

しかしロンドンタイム以降は様子見姿勢が広がり
NYタイムになると悪材料の出尽くし感から
ドル買いを中心にじりじりと買戻しが優勢となりました。

引き続き警戒は必要であるものの
マーケット参加者はここを買い場とみているようです。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

18:00(欧)消費者物価指数 (前月比)
18:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前年比)
18:00(欧)消費者物価指数 (前年比)
18:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前月比)

23:00(米)ロイター・ミシガン大学消費者信頼感指数

03:00(米)FOMCメンバー、ウィリアムズ氏講演

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

今日は東京タイムから株高が優勢となっており
昨日のNYタイムの流れを引き継いだ
買戻しの流れが優勢となっています。

指標もいくつか予定されており
ロイターミシガン大消費者信頼感指数は
マーケットへの影響も含め注意しておきたいところ。

今回のリスクオフの要因が米中問題で
決定的な解決がなされたわけではない以上、
本格的な買戻しはむずかしく上値では
売りが出てくると考えています。

金曜という事を踏まえると戻りを試しながらも
レンジに収束、といったイメージでしょうか。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は下値警戒感からの買戻し。
今日は株価も堅調でドル円も上値を試す展開。
まずは110円の抵抗を崩せるか。

109.8-110.1のレンジイメージからで
110円を抜けた場合はレンジイメージを上にスライド。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはドル買いが優勢の展開に。
リスク警戒感の後退とともにユーロ買いも意識され、
今日はレンジを想定しておきます。
1.116-1.121。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルは売りが優勢に。
ポンドを買う材料に乏しく、しばらくじりじりと下げる展開か。

戻り売りイメージで1.281から売っていきます。

【5】N225(日経225)

225は前日NYの流れを受けて今朝から上昇。
今日は押し目買いで21300付近までの押しを待って買いで臨みたい。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはリスクオンとともに下落。
今日は現水準のレンジイメージで
1284-1288で逆張り方針。
リスクオンが進めばやや下押しも。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは8000ドルをつけた達成感から
利益確定の売りに押され8000ドル割れ。

今日は目線は下方向ですが
底値を固める動きともいえそう。

7600付近では買いに回りたい。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!