海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/10/05 雇用統計前の調整で欧州通貨買いドル売りがメインの展開。本日は雇用統計。

【Rank-FX】2018/10/05 雇用統計前の調整で欧州通貨買いドル売りがメインの展開。本日は雇用統計。

2018.10.5

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
10/04 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは調整主体の一日となりました。

東京タイムのドル円は前日の114円台半ばからやや値を落とし
114円台前半推移。

ロンドンタイムに入るとニュースフローで
欧州通貨に買い戻しの動き。

アイルランドが英国の関税同盟残留案を支持と報道されたことで
ポンドも買い戻しが優勢の展開に。

NYタイムに入ると欧州通貨の買戻しと重なって
ドル高の調整が広がる。
ドル円は一時113円台半ばまで下げるも
雇用統計前とあって突っ込んだところでは
しっかりと買いが入っていました。

リスク先行的な意味合いの欧州通貨買いもあるなど、
ムードとしては悪くないのですが
ここまでだいぶドル高が進んできたことや
雇用統計を明日に控えていることで
ドル以外の通貨で調整、という結果になった印象です。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:15(欧)スイス 消費者物価指数 (前年比)

21:30(米)非農業部門雇用者数
21:30(米)平均時給 (前年比)
21:30(米)失業率
21:30(米)平均時給 (前月比)
21:30(米)労働参加率
21:30(米)貿易収支
21:30(加)国際商品貿易
21:30(加)労働参加率
21:30(加)雇用推移(ネット)
21:30(加)失業率

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

04:00(米)消費者信用残高

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は米雇用統計。

それまでは方向感の出にくいレンジ展開が予想されます。

米国指標は堅調な数字が続いており今日も強い数字が出た場合、
ドル円は直近高値付近の114円台半ばまでの上昇は
十分考えられます。

基本的には数字の強弱に素直についていってよいと考えますが
米債利回りが上昇を続けており、
これが株価への悪影響(下げ)となって現れた場合には
ドル円の上昇を妨げる可能性があります。

雇用統計発表後は米債利回り、株価の動きにも注目しながら
戦略を調整しましょう。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は113円半ばまで下押し後、
現在は114円手前で推移。

雇用統計までは113.7-114.0で逆張り方針とします。

その後は流れについていく形で。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルは買い戻し優勢で1.15回復。
こちらは雇用統計まで1.150-3で逆張り。

その後は流れについていきますが、
雇用統計が強かった場合は
中期的に1.13までの流れになりそうです。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルも昨日は買い戻し優勢。
こちらは日足雲上限まで上昇。

本日はレンジイメージで1.298-1.302で逆張り。

雇用統計後は流れ次第ですが、
ポンドは中期的には上に行きそうな印象を持っています。

【5】N225(日経225)

225は大きな下げとなり日足21MAタッチ。
今日は23800-24000で逆張り方針。

21MAを下抜けして終わると来週は調整が強まりそう。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはレンジ継続。
日足をみてもがっちりレンジにはまりつつあります。

1196-1200での逆張り方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインもレンジ形成。
こちらもレンジ継続イメージで
6530-6580で逆張り方針とします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!