海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/09/18 米中通商問題でドルが買いにくい状況の中、ブレグジット問題が落ち着きそうな欧州通貨に買い。

【Rank-FX】2018/09/18 米中通商問題でドルが買いにくい状況の中、ブレグジット問題が落ち着きそうな欧州通貨に買い。

2018.9.18

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
09/17 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは東京休場。

ロンドンタイムは動意に乏しい展開もややドル売り欧州通貨買いの動き。

NYタイムにその動きが本格化。
ブレグジット問題の合意に向けて前向きなニュースが続き
欧州通貨買いが根強い一方で、
ドルは米中通商問題での追加関税発動が意識され売りが優勢に。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:15(欧)欧州中央銀行(ECB)マリオ・ドラギ総裁スピーチ

時間未定(NZ)GDT価格インデックス

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日はドラギさんのスピーチが予定されていますので
念のため注目ですが、よほどの方針転換がない限り
これまでの発言と同じ主旨の内容になるものと思われます。

本日早朝に米国が中国に対して2000億ドル規模の追加関税を
24日から発動することを決めました。

一部で発動回避の期待もありましたが、
基本的には織り込み済みであったため市場の混乱は
そこまで大きくありませんでした。

ここからは中国の強硬的な反応がリスクとして考えられるほか、
対中輸出に依存している新興国・資源国の景気後退も
意識されそう。

この場合、リスク回避の円買い・ドル買いとなりそうで
今後の中期的なシナリオの一つとして頭に入れておきたい。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は一時111円半ばまで下げたものの
すぐに111円後半へ戻しています。
しかし112円はなかなか抜けきれず、ここで上値の重さを確認すると
いったん111円半ば割れあたりまで下げる可能性も。

今日は112円ちょうど付近での売りと
111.5円割れでの買いで臨みます。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはじり高。
直近日足は底堅く上昇している印象。
1.175あたりまでの上昇はあるかもしれませんが
ここは強めの抵抗になりそう。

今日は押し目買い方針で1.168から買い回転で
1.172あたりからは売り目線で。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルもじり高。
こちらは上昇トレンド入りの予感で
押し目買い方針で臨みます。

1.315割れで買っていきます。

【5】N225(日経225)

225は23000台にしっかり乗せてきました。
これはかなり面白い展開。

23450オーバーではいったん売ってみますが
23350割れでは買いに回りたいとおもいます。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは上下動しつつもレンジ。
若干上値の重い印象があります。

本日はレンジの売りから入るイメージで
1200オーバーで売ってみます。
1195付近まで下りてきたら買いで。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインずるっと落ちるように一段安へ。
もう一度6000の大台をサポートとして
買いから入ってみたい。
まずは6200ちょうど近辺での買いから。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!