海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/09/06 ブレグジット関連報道で強烈なポンド買い。しかし・・・。

【Rank-FX】2018/09/06 ブレグジット関連報道で強烈なポンド買い。しかし・・・。

2018.9.6

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
09/05 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは強烈なポンド買いが印象的でした。

きっかけはブルームバーグが
「英EU離脱協議でドイツと英国が主な要求を取り下げ」と
報道したことによります。

これによって、合意なき離脱(ハードブレグジット)が回避されるとの思惑から
ポンド買い・ユーロ買いが入りました。
しかし報道後にドイツ政府が「方針は変わっていない」と
内容を否定したことから反落。

半値戻し水準で下げ止まり、
その後は上下に方向感のない展開となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

14:45(欧)スイス 国内総生産 (季調済) (前四半期比)
14:45(欧)スイス 国内総生産(前年比)

21:15(米)ADP民間雇用者数
21:30(米)失業保険継続受給者総数
21:30(米)新規失業保険申請件数
21:30(米)非農業部門労働生産性
21:30(米)労働単価

21:45(欧)ECBラウテンシュレーガー氏の会見 講演
22:45(米)Markit PMI(購買担当者景気指数)総合指数
22:45(米)Markit サービス業PMI(購買担当者景気指数)
23:00(米)FOMCメンバー、ウィリアムズ氏講演 講演
23:00(米)ISM非製造業景況指数
23:00(米)製造業受注指数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は米国指標が多く予定されています。
特にADPは明日の雇用統計に向けて注目しておきたいところ。
相関性は低いと言われていますが・・・。

しかし本日は対中追加関税の発動日のため
それまでは上下に動きにくい展開となるものと思われます。

追加関税の内容と発動日は事前に発表されているため
マーケットはすでに織り込み済みですが、
やはり蓋を開けてみなければわからないという面があり
投資家としては手控えたくなるのが心理というものです。

もしかすると翌日の中国の反応をみるまで
動きが鈍くなる可能性もあります。

まずは本日のNYタイムに注目しましょう。

【2】USDJPY(ドル円)

ブレグジット報道の連れ高で
111円台後半まで伸ばしたドル円でしたが
すぐに失速元サヤとなってしまいました。

今朝はやや値を落として111円台前半まで。
今日はレンジイメージで
111.2-6で逆張り方針とします。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルも報道で上昇。
こちらは失速せずにじり高の展開となっていますが
この後は現水準でレンジ形成とみています。

1.162-6で逆張り方針。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドル報道で大きく上昇したあと
ほぼ半値戻し水準に落ち着きました。

今日のところはレンジとみますが、
ポンドは中長期的に上昇トレンドに入るかもしれません。

1.287-1.292で逆張り。

【5】N225(日経225)

225はじり安が続きました。
日足21MAがサポートになるか注目です。

今日は22400-22550で逆張り方針とします。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはじり高。
日足で主要なテクニカル指標が
集中した水準となっておりもみ合い示唆。

今日はレンジイメージで1195-1200で逆張り方針とします

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは大きな下落となりました。
上昇に力強さを感じると書いたとたんにこれで悲しくなります。

21MAの下抜けなどテクニカル的には買えなくなりました。
自然反発期待で下で小さく買って
こまめに利食いはアリかと思いますが
基本は売りから入って様子を見たい。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!