海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/08/21 比較的落ち着いた立ち上がりも、またもトランプ大統領の利上げ批判でドル売り。

【Rank-FX】2018/08/21 比較的落ち着いた立ち上がりも、またもトランプ大統領の利上げ批判でドル売り。

2018.8.21

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
08/20 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは比較的落ち着いた値動きとなっていましたが、
ロンドンタイムから動意づきました。

ロンドンタイムにはまずはブレグジット交渉再開の報道で
ユーロ売りポンド買いの流れに。

しかしNYタイムに入ると
トランプ大統領がパウエルFRB議長の利上げ姿勢に不満を漏らし
との報道がなされ、一気にドル売りとなりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

17:30(英)公的部門純借入額

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は大きな指標発表は予定されておりません。

昨日のマーケットで毎度のトランプ節によってドル売りとなり
今日も上値には慎重にならざるを得ません。

本来FRBは独立機関で大統領の意向を汲んで
金融政策を決定することはありませんが
先般からトランプ大統領はドル高を嫌っており、
FRBがどのような政策を決定しようとも口先介入で
ドルの上値を抑え込もうとしてくるように感じています。

そうなると近々ではどうしても戻りは売っていくしかなさそう。

ドル円ロング派もいったん手仕舞いを強いられる展開か。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は一時110円を割るところまで下げました。

いったん押し目買いで109.887で買いましたが、
110.3付近からは売りで。

上値の重い展開を見込んでいます。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルは大きく戻して日足21MA付近まで。
こちらもいったん売りで入りますが、
下値は限定的で1.148あたりからの買いを狙ってみます。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルも大きく上昇。
こちらはまだ上値余地ありとみて、
押し目で買ってみます。
1.280あたりからの買い方針。

【5】N225(日経225)

225はレンジ。
今日もレンジ継続とみて22200-22300で逆張り方針とします。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはじり高の展開となりました。
今日は戻り売り方針で
1200オーバーから売っていきます。
日足21MAあたりまでの戻りを警戒。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはレンジから今朝方一段安に。

今日は現水準でのレンジをイメージします。
6300-6400での逆張り方針とします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!