海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/07/30 上下動も調整ムードで方向感出ず。大きなきっかけが出るまでレンジか。

【Rank-FX】2018/07/30 上下動も調整ムードで方向感出ず。大きなきっかけが出るまでレンジか。

2018.7.30

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
07/27 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

金曜のマーケットは全体として方向感に欠ける展開となりました。

東京タイムはやや調整への意識が強くややドル安円高。

ロンドンタイムにはユーロ安からの相対的なドル高も。
明確な材料にかけレンジの上下動に終始。

NYタイムにはGDPが発表されましたが
こちらも方向付けできる内容ではなく
消化不良な印象。

一日を通して決定的な材料に欠け、
更には最近のトランプリスクを嫌気して
週末を前にポジション調整が強く意識されたことで
方向感の出ない展開となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:00(欧)スイス KOF先行指数

17:30(英)住宅ローン承認件数

18:00(欧)景況感指数

21:00(欧)独 調和消費者物価指数(前年比)

23:00(米)中古住宅販売保留 (前月比)

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日の注目材料としては
ドイツの調和消費者物価指数(HICP)が予定されていますが
マーケットへの影響は限定的になりそうです。

マーケットはせっかく各中央銀行の声明などで
わかりやすい方向感が出かけていたところでしたが
トランプ砲で一気に冷やされた格好です。

このインパクトが収まるまでは
しばらくレンジが続くものと考えます。

ただし基本線はドル高方向と考えており
それがいつになるか、がポイントと考えています。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は本日111円台回復も
引き続き上値の重さが印象的。

今日はレンジで111円割れで買い、
111.5近くからは売り方針とします。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルもレンジ。
こちらもレンジ継続とみて
1.163-7で逆張りとします。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルもレンジ継続をイメージ。
1.308-1.313で逆張り方針とします。

【5】N225(日経225)

225はやや下げそうな印象。
本日は戻り売り方針として
22580あたりから売っていきます。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは上下動を見せたものの結局はレンジ。
こちらも本日はレンジイメージで臨みますが
売りから入りたい印象です。

1223から売っていきます。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはやや切り返して8000ドルを回復。
日足も上方向に向けて悪くない形状を維持。

本日は押し目買い方針で8100割れから買ってみます。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!