海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/06/26 米国発の通商問題がリスク回避を誘う展開。株安も重しに。

【Rank-FX】2018/06/26 米国発の通商問題がリスク回避を誘う展開。株安も重しに。

2018.6.26

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
06/25 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは米国発の通商問題懸念と
株安によってリスク回避の動きが優勢となりました。

東京タイムにはトランプ大統領が欧州に対する追加関税賦課を示唆
これを受けてドル安円高の動き。
株価も下方向へ。

ロンドンタイムも株価が軟調。
ユーロドルでは買い優勢もユーロ円では売り優勢と売買交錯。

NYタイムには米国のナバロ国家通商会議委員長が
「広範な投資制限を課す計画はない」と発言したことで
ドル高円安が急伸する場面もありましたが
結局はじりじりと押し戻される展開。

相変わらずトランプさんに振り回される世界経済。
おそるべし米国大統領。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

22:00(米)S&Pケース・シラー住宅価格指数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は大きな指標発表はありません。

マーケットのモメンタムとしてはややリスクを意識した展開となっており
円高、ドル安方向への警戒が必要そうです。

とはいえ突っ込んだところではそれなりに戻り意欲も見られ、
上がったところを売っていく戦略で臨みたいと思います。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円はずいぶん下に下がった印象を受けますが、
日足を見ると現水準でレンジを形成しそうな印象。

今日のところは戻り売り方針で
109.6オーバーから売っていきますが
出来るだけ引き付けて売りたい。

その後は109.5が再度サポートになるか注視。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはじり高が継続もユーロ高というよりドル安。
日足は中立となりつつありこちらもレンジ形成か。

1.170-1.175で逆張り方針とします。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルも日足で中立イメージです。
レンジ逆張り方針としますが、買いから入りたい印象。
1.327割れあたりから買い方針。

【5】N225(日経225)

225はじり安も本日は朝から反発中。
この後も反発期待で押し目買い方針とします。

22250あたりからの買い方針。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは上下動しつつ下方向へ。
本日は戻り売り方針で1267あたりからの売り方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはレンジ。
ボラは小さいですがじりじりと戻している印象もあり
本日は押し目買い方針とします。

6200あたりからの買い方針。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!