海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/06/01 イタリア政局不安もいったん終結。一方米国は関税問題でリスク警戒感を高める。

【Rank-FX】2018/06/01 イタリア政局不安もいったん終結。一方米国は関税問題でリスク警戒感を高める。

2018.6.1

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
05/31 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットはリスク警戒感は後退したものの
積極的な売買は控えられ様子見姿勢の強いマーケットとなりました

東京タイムはレンジながらもクロス円は下値しっかりの印象。

ロンドンタイムに入るとイタリアの政局不安に
解決のめどが立ったことからユーロ買い、ポンド買いが進行。

NYタイムではトランプ大統領が暫定的に適用除外になっていた
欧州やカナダに対する鉄鋼・アルミニウム関税について
賦課の方針を示したことからリスク警戒感が高まる形となりました

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:55(欧)独 Markit製造業PMI
17:00(欧)伊 国内総生産(前年比) (Q1)
17:00(欧)伊 国内総生産(前四半期比) (Q1)
17:00(欧)Markit製造業PMI

17:30(英)Markit製造業PMI

21:30(米)非農業部門雇用者数
21:30(米)平均時給 (前年比)
21:30(米)平均時給 (前月比)
21:30(米)失業率
21:30(米)労働参加率

22:30(加)RBC(カナダロイヤル銀行)製造業PMI

23:00(米)ISM価格統計
23:00(米)ISM製造業景況指数

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は米雇用統計です。
最近は注目度も一時期に比べてやや小さくなってきた感があります
それでもFRBの利上げ回数への影響なども考慮すると
未だ世界で最も注目度の高い指標であることは間違いありません。

イタリア政局問題もいったん解決したユーロや
巻き添えを食らう形となったポンドも
どれだけの買い意欲があるか気になるところ。

経済指標がよく欧州通貨も安定となれば
素直に円売り需要が出てきそうだと考えています。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は108円台のレンジから東京午前で109円を突破してきました。
株高もありますが、市場環境が落ち着いたことで
雇用統計に向けたポジション調整とみることもできます。

今日は押し目買いで109円ちょうど付近から。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルは前日の上昇から昨日はレンジ。
テクニカル的にはいったん売られそうな雰囲気。
1.16837で売りました。
1.165前後では買戻し予定。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルは上下動の末元サヤ水準に。
本日朝からはややドル買いポンド売りが優勢。

今日は戻り売り方針で1.327あたりから売っていきます。
ポンド売りというよりドル買いが強そうなため、

【5】N225(日経225)

225は朝から上昇も小休止中か。

本日は押し目買いで22200から買っていきます。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはややドル買い優勢。
本日は戻り売り方針で1300オーバーから。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは方向感のない展開が続いています。
取引量も減少傾向で寂しくなってきましたね。

今日はレンジで7300-7800で逆張り方針とします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!