海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/05/23 ドル調整入るも値幅は小さい。今日も継続するか注目。

【Rank-FX】2018/05/23 ドル調整入るも値幅は小さい。今日も継続するか注目。

2018.5.23

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
05/22 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットはドル高にも過熱感が出てきたところに
ある意味でちょうどいいレベルのドル売りが入った形となりました

東京タイムはもみ合いも円安方向への意欲もあまり感じられず
やや上値の重い印象を受けました。

ロンドンタイムに入ると欧州通貨買い、円売りのフローが入ったものの
一時的でその後元サヤ水準へ。

NYタイムではトランプ大統領が米朝首脳会談が実現しない可能性
十分あると発言したことからドル売り円買いに。
しかし値幅は限定的で動きにくさが高まる状況で翌日へ、
となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:30(欧)独 Markit PMIコンポジット
16:30(欧)独 Markit製造業PMI
16:30(欧)独 Markitサービス業PMI

17:00(欧)Markit 総合PMI
17:00(欧)Markit製造業PMI
17:00(欧)Markitサービス業PMI

17:30(英)小売物価指数 (前年比)
17:30(英)小売物価指数 (前月比)
17:30(英)生産者物価指数 – 仕入 (前年比)(季調前)
17:30(英)生産者物価指数 (仕入) (前月比)
17:30(英)消費者物価指数 (前年比)
17:30(英)消費者物価指数 (前月比)
17:30(英)消費者物価指数 (コア) (前年比)

22:45(米)Markit サービス業PMI(購買担当者景気指数)
22:45(米)Markit PMI(購買担当者景気指数)総合指数
23:00(米)新築住宅販売件数(前月比)

03:00(米)FOMC議事録

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は英国CPI、FOMC議事録公表などが予定されております。

英CPIはもちろんポンドへの影響は大きいですが
現状のマーケットを鑑みると上値が重く、
予想を上回ったとしても頭を抑えられそうです。

FOMC議事録に関しては基本的に声明で説明された内容を
確認する形になりますが、
詳細の部分で6月の利上げに向けて前向きな発言が確認されれば
ドル高再燃となりそうです。

【2】USDJPY(ドル円)

今朝から円買いが強まり110円半ばまで円高が進んでいます。
この水準は日足10MA付近で、サポートとなるか注目。

110.4台で買って様子見します。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはれ枚レンジで上下動したものの方向感出ず。
ユーロ自体のモメンタムは失われつつあり
ドル次第の印象も。

本日もレンジ継続イメージで1.175-1.182の逆張りで臨みます。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルは日足を見ると
じりじりとドル高が進んでいる形。

今日はレンジイメージですが売りから入りたい。
1.345を目安とします。

【5】N225(日経225)

225はレンジから本日大きく下げ。
その後下げ渋りを見せておりここは買い。

22656で買いました。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはレンジもやや上に向かいたそうな印象。
1290割れから買い方針とします。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはじり安の展開。
ここは流れに逆らうのは危険な印象を持ちました。
戻り売り方針で8200あたりから。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!