海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/04/13 シリア情勢リスク後退で株高・ドル高・円安。政治相場が続く。

【Rank-FX】2018/04/13 シリア情勢リスク後退で株高・ドル高・円安。政治相場が続く。

2018.4.13

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
04/12 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日マーケットは毎度おなじみトランプ劇場で、
シリア情勢緊迫化の懸念が後退。

これを受けて株高・ドル高・円安となり、
マーケット全体としてもリスク選好の動きが優勢となりました。

一方ユーロではECB議事要旨が公表されましたが、
かなりハト派な内容となっており、
年初から期待されている今年の緩和縮小への期待が
やや後退した形となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

15:00(欧)独 調和消費者物価指数(前年比)

21:00(米)ボストン連銀ローゼングレン総裁講演
22:00(米)セントルイス連銀ブラード総裁講演
23:00(米)ロイター・ミシガン大学消費者信頼感指数

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は金曜日。
政治フローが主導のマーケットが続いているため、
なかなか本腰を入れたポジションを取りにくいところです。

またトランプさんがTwitterで何かつぶやけば
暴落したりもするんでしょうね・・・。

とはいえニュースをじっと待っているわけにもいきませんので、
基本戦略としては、リスク選好的な動きが優勢なマーケットが
継続するものと見ていますので、
リスクオン方向へのポジションから入りたいところ。

しかし昨日のロンドン・NYにかけて一巡しているという一面もあり、
ここから一段跳ねるようなことがあれば、
そこは瞬間的な売り場となると考えています。

金曜という事で、NY午後以降は方向感なく
レンジがやりやすいマーケットになりそう。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は107円台を回復。
下値警戒感はだいぶ薄れ、高値期待が高まっていますが
107.5がかなり強い抵抗になっている模様。

本日は押し目買い回転で臨みます。
107.2からで、107.5オーバーでは売り。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルは議事要旨発表とシリア情勢の
緊迫緩和のセットで下落基調。

しかし日足では中立水準に戻した形。
がっちりレンジが続きますね。

今日もレンジイメージで1.232-6で逆張り方針。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドは買いが優勢。
EU離脱交渉でポジティブな報道が流れたこともサポート。
やはり今年のポンドは買い?

1.42ちょうど付近からの買い方針とします。

【5】N225(日経225)

225もしっかり。
テクニカル的には小休止の下げが入る可能性は残るものの
基本的には上に向かいそうな形。
結局トランプさん次第ではありますが・・・。

今日は押し目買い方針とし217000ちょうど付近から
買っていきます。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは前日の上昇をすべて消す下げ。
今日はレンジイメージで買いから入りたい。

1338-1345で逆張り方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは突然の上昇もあとが続かず。
はっきりとした理由は見当たらず、
イスラム法でも流通出来るという見解が発表されたとか
大口の買いが持ち込まれたとか、
様々な見解が出ています。

上昇が継続していないことから
現水準でレンジ形成をイメージします。

7900-8200で逆張り方針とします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!