海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/03/23 米中貿易戦争勃発!?トランプ大統領が中国に対する知財侵害関税賦課署名でリスクオフ。

【Rank-FX】2018/03/23 米中貿易戦争勃発!?トランプ大統領が中国に対する知財侵害関税賦課署名でリスクオフ。

2018.3.23

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
03/22 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは東京タイムは様子見姿勢が強く
クロス円は概ねレンジだったものの、
ドル円に関しては米中貿易摩擦を懸念して
じり安の展開となりました。

ロンドンタイムに入ると米中貿易摩擦懸念から
国債が買われ利回りが下落。
さらには株安に。

リスクオフの連鎖を受けてクロス円が下げトレンドとなりました。

NYタイムに入るとトランプ大統領が
中国に対する知財侵害関税賦課に署名と伝わり
リスクオフが決定的なものに。

欧州通貨にも売りが入ったため、ドルストレートでは
上下動して方向感が出ないペアもあったが
ドル円がついに105円半ばをしっかりと割り込み104円台に突入。

マーケットは中国の出方を待つ形となり、
基本的にはリスク警戒感が続くことになりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

21:30(米)耐久財受注
21:30(米)耐久財受注 (除輸送用機器)
21:30(加)小売売上高 (除自動車) (前月比)
21:30(加)小売売上高 (前月比)
21:30(加)消費者物価指数 (コア) (前年比)
21:30(加)消費者物価指数 (コア) (前月比)
21:30(加)消費者物価指数-コア(前月比)
21:30(加)消費者物価指数 (前年比)
21:30(加)消費者物価指数 (前月比)

23:00(米)新築住宅販売件数(前月比)

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は米国・カナダに指標発表が予定されていますが、
今のマーケットは指標でどうこうなるものではなさそうです。

米中貿易摩擦の行方に注目が集まっており、
当然と言えば当然ですが、注目の反発は必至とみられています。

問題は中国がどのような対応を見せるかです。

口先だけならまだしも逆制裁的な決定を下した場合、
まさに貿易戦争勃発と言える状況となり、
マーケットは総悲観モードになるものと想定されます。

国債利回り下落、株安、ドル安、そしてリスクオフの円買いは
確実となってくるでしょう。

そういった動きを予測した場合、
今日は円買い方向に向かうしかなさそうです。

【2】USDJPY(ドル円)

105円を割ってしまったドル円。
今の相場環境では一段安にも警戒が必要。

105円手前から売り方針とします。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはお互いが売り対状況となっており、
結果レンジをイメージします。

1.230-5でレンジ逆張り。
時間帯によってはドル売り優勢を予想。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルも同じく。
しかし日足を見ると上昇トレンドに入りかけているようにも見え
トランプさんの署名が逆にドル売りポンド買いを誘発するのか?、

しっかり見極めつつ押し目買いで臨んでみます。
1.410あたりから。

【5】N225(日経225)

225は完全なリスクオフ。
これは一段安も警戒。
しかし金曜なのでポジションは持ち越したくない。

戻り売りで小回りを利かせたいところ。
20800から売り方針。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは大きく上昇で、日足の雲上限にかかりました。
これは抜け期待ですが、押し目を待って買いたい。

1335あたりからの買い方針。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはGOLDに代わる
安全資産になるかと期待された時期もありましたが
買われませんでしたね・・・。

今日は戻り売り方針とし、
8800付近から売っていきます。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!