海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/03/19 今度は大統領補佐官解任報道(当局は否定)でドル売り。ニュースに振り回される日々。

【Rank-FX】2018/03/19 今度は大統領補佐官解任報道(当局は否定)でドル売り。ニュースに振り回される日々。

2018.3.19

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
03/16 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

金曜のマーケットは、前日のドル高基調の動きからスタートしましたが、
東京タイムにマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)が
解任されるとのヘッドラインが流れると、
反転ドル安の流れとなりました。

その後この報道は当局に否定されたものの
マーケットは素直に反転はせず、リスク警戒感だけが
残る展開となりました。

ロンドンタイムに入ってもドル売りの流れが継続。
ポンド、ユーロは対ドルで買われましたが、
クロス円では売りが優勢で警戒感の強さを印象付けました。

NYタイムに入って、ようやく米債利回りの上昇、
株価の上昇がみられドル買いに反転。

しかしそれでもNY午後には金曜という事もあって
ドル買いもモメンタムを失い、
そのまま終了という流れになりました。

相変わらず米国の政治状況に振り回される展開です。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

今日は大きな指標はありません。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は大きなイベントもなくレンジ、と言いたいところですが、
先週から米国発のネガティブなニュースが続いており、
警戒感が漂っています。

そのためトレード方針としては、レンジ逆張りというより
戻り売りがメインとなりそう。

しかし今週22日にはFOMCやBoE会合も予定されており、
極端なトレードは控えられそうで、
こまめに戻り売りで回転するのがよさそうです。

【2】USDJPY(ドル円)

どうしても上げきれないドル円。
今日は戻り売りの回転勝負、というイメージ。

106円台で売り、下げたところでしっかり利食い。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルは、だいぶユーロが弱い印象ですが、
ドルも積極的に買っては行けない状況。

こちらも戻り売り方針として、
1.228あたりから売って小回りを利かせて勝負。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルは方向感なし。
テクニカルから見ても今日はレンジとみてよさそうです。

1.396からの売り方針とします。
1.392以下は手を出しにくい。

【5】N225(日経225)

225はじりじり下げる展開。
とはいえ今日のところはレンジイメージ。

21400-21500レンジで逆張り方針とします。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは上下動。やや下方向へのモメンタムが強そうに見えますが
すぐ下に日足雲下限が来ておりサポートする可能性があります。

1311.75でいったん買ってみました。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは方向感なし。

規制関連でネガティブなニュースも多く、
持ちこたえている方ではないでしょうか。

今日もレンジとみて戻り売り方針とします。
8200-8600で。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!