海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/03/01 パウエル効果も続かず。ユーロ、ポンドの上昇モメンタムも消え嫌な予感。

【Rank-FX】2018/03/01 パウエル効果も続かず。ユーロ、ポンドの上昇モメンタムも消え嫌な予感。

2018.3.1

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
02/28 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは前日のパウエル議長議会発言を受けての
リスク選好的な値動きで始まりましたがすぐに失速。

その後はリスク面ばかりが意識され、円買い中心の
弱気マーケットとなりました。

東京タイムは出だしこそ堅調だったものの
日銀の買い入れオペ減額などを受けて円買い優勢に。

その後もみ合いとなりましたがロンドンタイムに入ると
ポンド売りが入ってきました。
きっかけはEU離脱条約の草案が提出され、
英国にとってかなり厳しい内容と報じられたことがきっかけ。
メイ首相も明確に拒否。

結局欧州通貨売りをメインとして円買いは継続。

NYタイムでは対ユーロ、ポンドでドル高が継続したものの
リスク回避的なドル買いのため、結局円買いは止まらず。

欧州通貨売り、ドル・円買い、というある意味で
わかりやすい値動きとなりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

15:45(欧)スイス 国内総生産 (季調済) (前四半期比)
15:45(欧)スイス 国内総生産(前年比)

17:55(欧)独 Markit製造業PMI
18:00(欧)伊 失業率
18:00(欧)Markit製造業PMI
18:30(英)Markit製造業PMI
18:30(英)消費者信用残高
18:30(英)住宅ローン承認件数

22:30(米)個人消費支出(PCE)価格指数(前年比)
22:30(米)個人所得 (前月比)
22:30(米)個人消費支出(PCE)コア価格指数 (前月比)
22:30(米)個人消費支出(PCE)(前月比)
22:30(米)個人支出
22:30(米)個人消費支出(PCE)コア価格指数 (前年比)
22:30(米)失業保険継続受給者総数
22:30(米)新規失業保険申請件数
22:30(加)経常収支

23:30(加)RBC(カナダロイヤル銀行)製造業PMI
23:45(米)Markit製造業PMI

00:00(米)ISM製造業景況指数
00:00(米)ISM価格統計
00:00(米)建設支出 (前月比)

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は米国関連指標に注目。
議会証言を経て、経済状況の堅調さが改めて確認されれば
利上げペースの拡大を期待したドル買いが
強まる可能性があります。

しかしドル円で考えた場合には、
ユーロやポンドが足を引っ張る可能性は十分で
上には行ききれない展開になりそうだと考えています。

特にポンドでは完全にリスク警戒感が強まっており、
売り圧力がかかり続けそう。

リスクオン方向へのポジションは慎重に検討したい。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は欧州勢のリスクオフに巻き込まれるように失速。
どうにもパッとしません。

日足を見ると若干下げ止まり感は感じるものの
反転上昇にはまだ時間がかかりそう。

今日のところは106.6以下からの買い、
107台からの売りで臨みます。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはずるずると下げる形。
ユーロ円の下げも印象的で下落トレンド入りか?

ユーロドル日足でも10MA、21MAなどを抵抗として反落しており
今日も戻り売り方針とします。

1.222台から。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドは大きく下落。
やはりEU離脱交渉は一筋縄ではいかなそうですね。

いったん反発期待で1.37556で買いましたが
これはおまけのようなもので
基本線は戻り売り。

1.378オーバーから売っていきます。

【5】N225(日経225)

225も前日に続いて下落。
日足21MA付近に来ておりサポート期待。
21741で買いましたが、
21700-21850あたりのレンジイメージで。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは方向感なし。
マーケットの警戒感が高まればいったん反発はありそうですが、
ドル高期待が根強いため相殺されるか。

1320オーバーからの売り方針とします。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは方向感なし。
このままレンジになっていくのでしょうか。
そうなると意外と逆に金融商品としてのポジションを
確立していくかもしれませんね。

10200-11000のレンジ逆張り方針とします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!