海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/01/31 ドルを主役に上下振幅もイベントを控えて突っ込んだ動きには警戒感も。

【Rank-FX】2018/01/31 ドルを主役に上下振幅もイベントを控えて突っ込んだ動きには警戒感も。

2018.1.31

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
01/30 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは米国債権や株価など他市場の影響を受けて
上下に振幅する場面が多く見られました。

東京タイムは米債権利回りの上昇を受けて
ドル高でスタート。

しかし東京タイム半ばにダウ先物が大きく値を崩すと
リスク警戒から急転ドル売りに。
債権利回りも下落(価格は上昇)し、
リスクオフ姿勢の強いマーケットとなりました。

ロンドンに入ると序盤こそドル高の場面が見られましたが、
すぐに反転、欧州通貨買い、ドル売りのマーケットとなりました。

債権利回りが低下していたことと、
EU圏経済指標が堅調だったことが重なり、
欧州通貨買いに拍車をかけました。

クロス円はまちまちの動きで対欧州通貨では円売り優勢だったことから
ドル円の下げは限定的。

NYタイム序盤は、ロンドンの流れを引き継いで
ドル安スタートとなりましたが、
FOMCを控えていることもあってドル安に
調整が入る形となりました。

イベントを控えて突っ込んだところには
調整が入ってきていたようですが、
基本的には欧州通貨の強い流れが続いている印象でした。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

16:00(欧)独 小売売上高 (前年比)
16:00(欧)独 小売売上高 (前月比)
16:00(欧)スイス UBS 消費指数

16:45(欧)仏 消費者物価指数(EU基準)最終値(前年比)

18:00(欧)独 失業者数推移
18:00(欧)独 失業率 (季調済)
18:00(欧)伊 失業率
18:00(欧)スイス ZEW景況感調査 – 期待

18:50(欧)欧州中央銀行(ECB)クーレ専務理事のスピーチ
19:00(欧)失業率
19:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前年比)
19:00(欧)消費者物価指数 (前年比)

22:15(米)ADP民間雇用者数
22:30(加)GDP (前月比)

23:45(米)シカゴ購買部協会景気指数
00:00(米)中古住宅販売成約数(前年比)
00:00(米)中古住宅販売保留 (前月比)

04:00(米)FRB金融政策声明
04:00(米)FOMC政策金利発表

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は日本時間午前4時になりますが、
FOMCの金利発表、声明発表があります。
今回はイエレンさんのお話はありません。

今回のFOMCでは金利は据え置き予想で注目は声明の中身になります。

2018年の利上げ回数は3回をメドとしていますが
声明で経済見通しを上方修正するような内容が盛り込まれていた場合、
利上げ回数が増えることを意識したドル買いが
入ってきます。

この場合はおそらく大きくドル買いが進むものと考えていいでしょう。

逆に声明が前回通りだった場合ですが、
対欧州通貨ではドル売りが継続するものと予想します。

当然ドル円にも波及するものと思われますが、
ドル円での下げは限定的と考えています。

更に、ちょっと考えにくいことですが、
声明をハト派的な内容に変更してきた場合ですが、
これは一気にリスクオフが進むと思われます。
利回り下落、ドル売り、GOLD上昇など。
この場合でも対欧州通貨も上昇すると思われますが、
このケースでは意識としてはリスクオフのため、
対円でのドル売りが最も強くなると考えます。

本命は声明据え置きで
ユーロドル、ポンドドルの上昇、でしょうか。

次は声明のタカ派変更とします。

【2】USDJPY(ドル円)

FOMCを前に動きにくい状況です。
レンジ逆張りで行きます。

109円オーバーでは売り、
108.6あたりからは買いで。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロとポンドに関しては、
根底にある買い意欲が相当なボリュームで
存在すると考えています。

FOMCまでは動きにくいと考えますが、
基本的に押し目買い方針で臨みます。

1.241台から。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドもユーロと同じ理由で押し目買い方針とします。
1.415から買いで回転。

【5】N225(日経225)

225は世界的な株安に足並みをそろえる形で下落。
23254で買ってみました。

23200あたりは買い場と考えています。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは上下動するも方向感出ず。
日足では21MAをサポートに反転しそうな雰囲気。

1339.30で買ってみました。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはじり安。
瞬間10000を割る場面も見られました。
これは一段安の前兆でしょうか。

今日は戻り売り方針とします。
10500オーバーからですが、
出来るだけ11000に近い所で売りたい。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!