海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2018/01/26 トランプ発言で今度はドル高。今日もトランプ注意報は続く。

【Rank-FX】2018/01/26 トランプ発言で今度はドル高。今日もトランプ注意報は続く。

2018.1.26

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
01/25 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットはイベントプラスサプライズで
値幅の大きい一日となりました。

東京タイムはじりじりとドル安が継続。
円の全面高という事ではなく、ドル円のみがじりじりと下げる形。

ロンドンタイムに入ると前日ドル安容認発言をした
ムニューシン米財務長官が改めて自身の発言の正当性を主張。
これによってドル安が再燃。

しかしECBを控えて対ユーロでは慎重姿勢も。

そのECBでは予想通りの現状維持。
声明でもおおむねこれまで通りの発言を踏襲しましたが
マーケットは買いで反応。

しかしNYタイムに入るとトランプ大統領の
ドル高容認発言で流れが一変。
一気にドル高が進む形となりました。

108円台半ばまで下げていたドル円は
一気に109円台半ばを回復。
ユーロ、ポンドも100~150pipsという大きな下げとなりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

18:30(英)国内総生産(前四半期比)
18:30(英)国内総生産(前年比) (Q4)

19:00(欧)欧州中央銀行(ECB)クーレ専務理事のスピーチ

22:00(米)セントルイス連銀ブラード総裁講演

22:30(米)GDP価格指数 (Q4)
22:30(米)国内総生産(年率) (Q4)
22:30(米)耐久財受注 (除輸送用機器)
22:30(米)耐久財受注
22:30(加)消費者物価指数 (前月比)
22:30(加)消費者物価指数 (コア) (前月比)
22:30(加)消費者物価指数 (コア) (前年比)
22:30(加)消費者物価指数 (前年比)

23:00(英)BoEカーニー総裁講演
23:00(日)日銀黒田総裁記者会見

03:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

ムニューシンさんからのトランプさん。

ドル大暴れとなった今週ですが、ドル安容認からの
本来の米政府の見解であるドル高発言が出たことで
マーケットもいったん落ち着くのではないでしょうか。

しかし本日はアメリカでGDP発表が予定されており、
今日もドルを中心に振幅がありそうです。

また、本日もダボス会議において
トランプ大統領の講演が予定されており
こちらも要注目です。

保護主義的な姿勢が強調されるようだとドル売り。

こういうときは突っ込んだ売買は避けて
慎重に小回りを利かせたトレードを心がけたいところ。

【2】USDJPY(ドル円)

アメリカ様に振り回されっぱなしのドル円。
円自体に明確なトレンドがないことも原因ですね。

2018年の黒田さんは追加緩和もできず、
出口を探るには時期尚早という
手の打ちようがない状態が続くものと思われます。

海外発のニュースで振り回される形はしばらく継続しそう。

今日は110円手前から戻り売り方針ですが、
経済指標とトランプさんに注意。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロはECBとトランプさんのはざまで振幅ですが、
印象としてはやはり底堅い。

本日は押し目買い方針で1.241あたりから。
ただしトランプ注意報。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

こちらも結局トランプ注意報発令中。

ただしこちらはユーロに比べて
ポンド自体の上昇圧力はいったん抜けた印象があります。

戻り売り方針で1.243から。

【5】N225(日経225)

225は安値圏でうろうろ。
明確な上昇再開には材料難。

レンジイメージで23600-23750。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはじり高後にトランプ発言で反落。
今日は戻り売り方針で1360から。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはレンジ。
去年に比べてずいぶんおとなしくなりました。

今日もレンジイメージですが買いから入りたい。
11500割れから。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!