海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/10/25 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/10/25 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.10.25

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
10/24 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは東京タイムは安値圏でのもみ合い。
NAで動きがあったもののマーケット全体には波及せず。
ドル円は上値に慎重な様子が見られました。

ロンドンタイムに入ると欧州株高を受けて
リスク選好的な動きが活発化。
ユーロ買い、ドル買いを中心にリスクオン方向へ。

NYタイムに入っても米債利回りの上昇や
株高を好感してドル買いが中心の動きに。

テイラースタンフォード大学教授が
次期FRB議長に有力視されていることもドル買いの追い風に。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

15:00(欧)スイス UBS 消費指数

17:00(欧)独 IFO 指数 (予想)
17:00(欧)独 IFO調査 – 現状評価
17:00(欧)独 IFO企業景況感指数
17:00(欧)スイス ZEW景況感調査 – 期待
17:30(英)国内総生産(前四半期比) (Q3)
17:30(英)国内総生産(前年比) (Q3)

時間未定(欧)独 10年国債入札

21:30(米)耐久財受注 (除輸送用機器)
21:30(米)耐久財受注

22:00(米)住宅価格指数 (前月比)
23:00(米)新築住宅販売件数(前月比)
23:00(米)新築住宅販売件数 (前月比)
23:00(加)カナダ銀行 金融政策報告書
23:00(加)BoC政策金利発表
23:00(加)BoC政策金利声明
23:30(米)EIA石油在庫統計

00:15(加)BoC記者会見

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日はカナダで金利発表がありますが
マーケット全体への影響はそれほどでもなさそう。

基本線としてはドル高基調に従ったトレードが良さそうです。

ユーロにも英にも中央銀行の緩和縮小期待(警戒?)が
根強くあるため、ドル買いに対して売るならやはり円が最も有力か。

株高警戒感がいつ高まるのかに関しては
そろそろ気になるところですが、
今のところその気配も薄いことから
リスクオン方向に上手くついていかざるを得ない印象です。

【2】USDJPY(ドル円)

やはり114円が重いドル円。
タッチしても維持できません。

とはいえ下値も切り上げてきており、
もしかすると本日の米国指標次第では
114円突破するかもしれません。

今のうちに仕込んでおいて、
114円突破→ストップ巻き込み暴発で利食い
まで狙うのも面白いかも。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルはレンジ形成。
方向感が出るには大きなきっかけが必要そうで、
今日もレンジイメージ。

1.1741.177でレンジ逆張り方針。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドはやや弱い展開。

日足を見るとやや上が重く、下抜けに警戒したい形。
1.315からの戻り売り方針とします。

【5】N225(日経225)

225は相変わらずのしっかり。
今週金曜くらいには、さすがに利益確定売りが
出てくるのでは?と思いますが
今日のところはついていくしかないかもしれません。

21800からの買い方針。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはじり安。
こちらも日足でやや上が重く、下抜けに警戒したい形。

1275からの戻り売り方針とします。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはじり安。
テクニカル的には日足10MAを割って、
いったん調整の可能性も。

下げるなら5200前後までは警戒が必要です。

5450から打診買いしながら、
反転チャンスに乗りたいイメージ。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!