海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/10/20 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/10/20 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.10.20

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
10/19 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは欧州を中心とした
政治リスクへの懸念からリスクオフの展開となりました。
東京タイムは様子見姿勢が強く、高値圏を維持するももみ合いの展開。

ロンドンに入るとスペイン政府がカタルーニャの自治権を停止との報道から
リスク回避のユーロ売りが進行。
さらに英国では指標が弱くポンド売りに。

これらのネガティブ材料から逃避の円買いが進行しました。

NYタイムも序盤は欧州の流れを引き継いでリスクオフ方向へ。
NY午後にはやや持ち直しも見られましたが、
トランプ大統領が次期FRB議長にパウエル理事を推すとの報道が入ると
再びドル売りに傾く場面も見られました。

ここ数日比較的ネガティブ材料がなく
リスクオン方向に向かっていたこともあり、
調整を入れるにはちょうどいいきっかけだったようにも思えます。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

15:00(欧)独 生産者物価指数 (前月比)
15:00(欧)独 生産者物価指数 (前年比)

15:35(日)日銀黒田総裁記者会見

17:30(英)公的部門純借入額

時間未定(欧)欧州理事会会合

21:30(加)消費者物価指数 (前月比)
21:30(加)消費者物価指数-コア(前月比)
21:30(加)消費者物価指数 (前年比)
21:30(加)消費者物価指数 (コア) (前年比)
21:30(加)消費者物価指数 (コア) (前月比)

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数
03:00(米)FOMC メスター連銀総裁の会見

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日はそれほど大きな指標はありません。

東京午前にはドル円が113円台を回復するなど
基本的には底堅いとみてよさそうですが、
上値追いは慎重に見極めたいところ。

昨日からの振幅要因は主に政治リスクのため、
突発的な報道には特に注意しましょう。

【2】USDJPY(ドル円)

昨日112円前半まで下げるも、先ほど113円台を回復し
一見力強い印象のドル円。
しかしここからは売りも相当出てきている模様です。

いったん113.168で売りました。
112.8あたりから買いに回りたい。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロはスペイン問題で方向性が難しくなってきましたが
昨日のユーロドルに関しては
ドル売りも強かったため相対的に上昇という結果。

今日はドル買いの恩恵でユーロドルは下げてきたところで
今日に関しては上値重く、ドル次第では下方向か。

戻り売り方針。1.183から。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドは指標が弱く下落。
12月利上げ期待の後退と政権に対する不安感の増大が
ポンドを買いにくくしています。

今日のポンドドルは戻り売り方針。
1.314から売り。

【5】N225(日経225)

225は欧州タイムに値を落とすも
NY午後から切り返して高値圏回帰。

ここしばらく続いている株高が
ちょっと不自然な印象があるのは私だけでしょうか・・・。

21456でいったん売りましたが
早めに落として
21400割れあたりからは買い目線とします。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは方向感なし。
21MAが水平になりつつあり
レンジ形成をイメージさせますが
どちらかといえば売りが強そうなので
1290からの売り方針とします。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは値幅が狭いもののじり高。

こういったときのビットコインは素直に買ってよさそうです。

5683.56で買いました。
――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!