海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/07/27 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/07/27 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.7.27

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
07/26 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日は前日のドル安調整から、FOMCを待つ形となり、
東京・ロンドンタイムとも鈍い値動きとなりました。

そのFOMCですが、資産規模縮小を
「比較的に早期」に開始するとの文言があったものの、
インフレ見通しに関しては「鈍化」を強調。

これを受けて一気にドル売りが進む形となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

15:00(欧)独 GfK消費者信頼感調査

21:30(米)シカゴ連銀全米活動指数
21:30(米)新規失業保険申請件数
21:30(米)失業保険継続受給者総数
21:30(米)耐久財受注 (除輸送用機器)
21:30(米)耐久財受注

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

昨日のFOMCを受けて、本日はドルの上値見極めが
ポイントになります。

FOMCを受けて大きくドル売りが進んだことから、
まずはその戻りを拾っていきたいところですが、
個人的にはかなり戻りは鈍いのではないかと思っています。

インフレ上昇は利上げの大きな要因のため、
そこが鈍化している、と表現したことは
利上げ期待後退に直結しています。

ドルストレートのシナリオとしては、
1.戻り鈍く現水準でレンジ形成
2.戻り鈍くその後一段安へ
3.半値程度まで戻しレンジ形成
の順で可能性が高いと考えています。

【2】USDJPY(ドル円)

FOMCを受けて大きく下げたドル円。
概観にも書いた通り、基本はまずは戻りの見極めです。

110.855で買ってみました。

レンジ高値がどこで形成されるか、
その後の下げでは下値が支えられるか。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロドルで大きく上昇。
こちらは上昇トレンド形成とみています。

1.173-4あたりから押し目買い方針。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドドルも同じく上昇。
ポンドはユーロと比べて上昇圧力が低いとみています。

1.31444で売りました。
ドル円と同じく、レンジ安値形成ポイントに
注目しています。

【5】N225(日経225)

225はFOMCには反応薄。
今日は戻り売り方針として、
20080あたりから売ってみたいと考えていますが、
欧米株価の動き次第では買いドテンも検討します。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはもちろん上昇。
日足で薄い雲も抜けました。

今日は1255-1260の間あたりから買い方針とします。
中期的にはレンジ形成、もしくは上昇、
というイメージを持っています。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは比較的安定。
8月までは動きが鈍くなりそうです。

2650で売り、2500で買いとします。

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!