海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/07/10 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/07/10 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.7.10

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
07/07 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

金曜のマーケットは、久しぶりに日銀が頑張りました。
今年2月以来の指値オペを発表し、円主導でリスクオンが進みました。

数日前から日本10年債利回りが2月以来の0.1%近辺まで上昇しており、
ここが日銀の警戒ラインであることが明確になりました。

ロンドンタイムでは基本的に米雇用統計待ちとなりましたが
英国指標が弱く、ポンドだけが売りという展開となりました。

そして毎月注目の雇用統計ですが、
非農業部門雇用者数が20万人の大台を超え、
ドル買いの展開に。

その後引けにかけては利益確定の売りにやや押される展開と
なりましたが、下値りっかりというマーケットでした。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

14:00(日)景気ウォッチャー調査 (現状)
14:00(日)景気ウォッチャー調査 (見通し)

15:00(欧)独 輸出高(前月比)
15:00(欧)独 貿易収支
15:00(欧)独 経常収支(季調前)
15:00(欧)独 輸入高(前月比)

23:00(米)労働市場情勢指数 (LMCI)

04:00(米)消費者信用残高

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

雇用統計の良好な結果を受けて、本日も
リスク選好的な取引で始まっています。

日銀の緩和維持姿勢、米国経済の底堅さも確認され、
地政学的リスクも後退していることから、
マーケットは本来のファンダメンタルズに沿った
値動きに回帰しつつあるように感じます。

もちろん突発的なニュースには要警戒です。
主なところとしては
・地政学リスク(北朝鮮等)
・トランプリスク
等がありますが、
基本的なトレード方針に組み込む時期ではないと感じます。

今日はリスクオン方向に押し目買い方針で臨みます。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は互いの中央銀行の政策の違いから
底堅い展開が予想されます。

日米金利差に注目しながら押し目買い方針です。

15時以降は押し目がなくとも買っていいかもしれません。

個人的には可能性として、本日115円近くまでの上昇も
あり得るのではないかと考えています。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロは先日のドラギさんの出口戦略採用!?発言が
当局関係者発言でかき消され、
方向感が見出しにくくなってしまいました。

ユーロドルでは、基本的にはドルの方が強いと考えますが、
下げたところには買いも出てきそう。

いったん1.14016で売ってみます。
が深追いは禁物。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドは経済指標弱く、強気で買っていけない状況。
原油の下げも悪材料。

ポンドドルは戻り売り方針とします。

1.28902で売ってみました。

【5】N225(日経225)

225は雇用統計を受けたマーケットの
リスクオンの恩恵に与る形で上昇。

現状ちょっと跳ねて20100を越えてしまいましたが、
20050あたりから買っていきたいと考えます。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはマーケットのリスクオンが進み下落。
本日も下げ方向で見ています。

1215あたりからの売り方針としますが、
日足を見ると突き進んで行けるほどの力もなさそう。

まずは1200をしっかり割れるかどうかが
ポイントになりそうです。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは日足の三角持ち合いの中で
どちらにも重い印象。

抜けた方向にポジションを持ちたいと考えています。
下抜けしたら全ポジ損切ですね。。。

今日はホールド様子見。

6/13 2670.30L
6/15 2537.97L
6/16 2410.14L
6/21 2766.40L
6/22 2716.92L
6/27 2518.93L

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!