海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/07/07 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/07/07 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.7.7

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
07/06 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは、東京時間はリスク回避姿勢が強く
下押しもそこまで強くないものの
上がれば叩かれる、という展開でした。

欧州時間に入ると、ドイツ債利回りの上昇から
ユーロが買われる展開に。

つられてポンドも買われる中、相対的にドル安展開。

NYタイムでは発表された指標が弱めだったことも重なり
ドル買いに回るきっかけが生まれず、NY午後以降は
金曜の雇用統計を控え、薄い商いとなりました。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

14:45(欧)スイス 失業率(季調済)(前月比)

21:30(米)非農業部門雇用者数
21:30(米)週平均労働時間
21:30(米)失業率
21:30(米)労働参加率

21:30(加)失業率
21:30(加)労働参加率
21:30(加)雇用推移(ネット)

時間未定(英)BoEカーニー総裁講演

23:00(加)Ivey購買部協会指数
23:00(加)Ivey購買部協会指数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は雇用統計です。
内容次第で年内利上げ期待やバランスシート縮小開始期待が高まり
ドル高が進行するものと思われます。

またここにきてトランプ政策期待が再度高まりつつあり、
最近主役の座がユーロやポンドに奪われる機会も
多くみられるようになった基軸通貨ドル様の
面目躍如となるでしょうか。

しかし指標が弱めに出た場合は年内利上げ期待が後退し
大きくドルが売られそうです。

ただいずれにしろ中長期派トレーダーにとっても
仕込みとしては重要な一日になりそうです。

【2】USDJPY(ドル円)

昨日はレンジに収まっていましたが
先ほど日銀指値オペ実施の報道が流れ、
大きく円安が進んでいます。

日本国債利回りが0.11付近まで上昇したためですが、
ドルのサポートがない中どこまで上げられるか
疑問視しています。

スキャルでは跳ねたところを叩きながら
上がっていくイメージです。

雇用統計後は、流れについていきます。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロはドイツ債利回り上昇を受けて強い展開。
ただこちらも継続性には疑問符がつきます。

いったん売ります。1.14118。

雇用統計後は流れに逆らわず。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

昨日のポンドはユーロ上昇の恩恵を受けた形。

ポンドドルでは上昇基調に乗りつつあるようにも見えますが
政治的な不透明さは隠せず。

雇用統計前は押し目をしっかり待って買い目線。
雇用統計後は流れに乗る形。

【5】N225(日経225)

225はじり安展開だったものの、
先ほどの指値オペ報道で2万円付近まで上昇。

こちらも継続性には疑問。

2万円を超えたところではいったん叩きたい。
しかし19950あたりでは買いに転じる方針。

【6】XAUUSD(金)

GOLDはレンジなものの弱い印象を与えるチャート。

1225からの戻り売り方針とします。

雇用統計後は流れについていきます。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは方向感出ず。
日足を見ると三角持ち合いを形成しています。
さてどっちに抜けるんでしょうか。

今日も全ポジホールドで様子見。

6/13 2670.30L
6/15 2537.97L
6/16 2410.14L
6/21 2766.40L
6/22 2716.92L
6/27 2518.93L

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!