海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/06/30 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/06/30 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.6.30

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
06/29 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは東京タイムこそ動きが小さかったものの
逆に東京タイムでユーロが下値の堅さを確認した形になり
ロンドンタイムに入ると改めてじりじりと上昇開始。

ユーロ円、ポンド円の上昇を支えにドル円も上昇し、
一時113円目前まで到達。

欧州株価も堅調で投資家心理の改善が意識されました。

しかしNYタイムに入ると様子が一変。
米株の下落を受けてリスク警戒のドル売りが強まり
クロス円の頭を押さえる形に。
ドル円も111円台まで押し込まれてしまいました。

とはいえドル安の流れは欧州通貨には追い風となり
ユーロドル・ポンドドルは高値を伸ばす展開となりました。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

15:45(欧)仏 消費者物価指数(EU基準)最終値(前年比)
16:00(欧)スイス KOF先行指数
16:55(欧)独 失業者数推移
16:55(欧)独 失業率 (季調済)

17:30(英)国内総生産(前年比)
17:30(英)国内総生産(前四半期比)

18:00(欧)消費者物価指数 (前年比)
18:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前年比)

21:30(米)個人支出
21:30(米)個人消費支出(PCE)コア価格指数 (前年比)
21:30(米)個人消費支出(PCE)(前月比)
21:30(米)個人所得 (前月比)
21:30(米)個人消費支出(PCE)コア価格指数 (前月比)
21:30(米)個人消費支出(PCE)価格指数(前年比)

21:30(加)GDP (前月比)
22:45(米)シカゴ購買部協会景気指数

23:30(加)カナダ銀行企業景況感調査

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

本日は昨日のNYタイムの株安がどこまで影響するか見極めたいところ。

せっかく好転しかけたモメンタムをしぼませてしまうのか、
改めて上昇基調に戻れるか。

中期的にみると欧州通貨には強い流れが継続しており、
ドルストレートでのドル売りが有効かもしれません。

【2】USDJPY(ドル円)

ドル円は大きく上下動した一日でした。
今日は今から売るのは少し出遅れ感があり
下値をしっかり見極めながら押し目買い方針で臨みます。

111円半ばが目安。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロは底堅い展開。
ドル売り+ユーロ買いの流れ継続を期待も
金曜ということもありドテン売りも検討します。

1.14前半から買い方針。
1.147あたりまで跳ねることがあれば売り。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドも強い展開。
緩和解除の可能性が出てきたことで強い流れが続くかもしれません。

1.30割れから買い方針とします。

【5】N225(日経225)

225は米株安を受けて2万円割れ。
再上昇には海外勢の心理改善が必要そうです。

19900-20050のレンジ方針とします。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは欧州時間で売り込まれたものの
NYタイムに入ってリスク警戒が高まったことから反転上昇。

今日は1240-1250のレンジとみています。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインはリスクオフで買われる展開。
とはいえ力強く上昇、といえるほどの雰囲気もありません。

今日は全ポジホールドで上昇期待。

6/13 2670.30L
6/15 2537.97L
6/16 2410.14L
6/21 2766.40L
6/22 2716.92L
6/27 2518.93L

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!