海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/06/22 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/06/22 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.6.22

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
06/21 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットはやはりニュースに振られる展開となりました。

東京タイムは狭いレンジで方向感なくウロウロしていたものの
ロンドンタイムに入り、ホールデンMPC委員の
「年後半には景気刺激策の一部解除が望ましい」との発言から
ポンドが大きく変われる展開に。

しかしその後NYタイムに入り原油価格が下落すると
米債も買われ(利回り低下)、マーケットが
リスクオフに傾く展開となりました。

終わってみるとポンドのモメンタムも長続きせず、
リスク警戒感だけが残った、という一日でした。

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

17:00(欧)経済報告

21:30(米)新規失業保険申請件数
22:00(米)住宅価格指数 (前月比)

23:00(欧)消費者信頼感指数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

要人発言で大きく動くあたりがいかにも材料難の
マーケットという印象ですね。

気になるのは原油が下落トレンド入りしている様子が
伺えることです。

原油安は景気後退も意識させやすいことから、
5月下旬から下落に転じている原油価格には
しばらく注意したいところです。

本日も大きな指標はありませんが、
今のマーケットでは大きく反応する可能性も十分にありますので
米失業保険申請件数と住宅価格指数には注目しましょう。

基本的にはリスク警戒感の残るマーケットと思われますので、
戻りを叩いていくようなスタンスで臨みたいと思います。

【2】USDJPY(ドル円)

ポンド様々で連れ高だったものの
NYで上げを消されたドル円。

225にも重さがあり、今日は戻り売り方針とします。

111.1あたりから売り方針とします。

【3】EURUSD(ユーロドル)

昨日のユーロは狭いながらもじり高。

1.115-1.120のレンジとみてトレードします。

1.11645で買いました。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドはどうしたいんでしょうか。。。
カーニーさんとMPC委員が真逆の発言をしています。
相当内部でも意見が割れているのでしょう。

今日は1.265-1.27のレンジとみます。

まず1.26647で買いました。

【5】N225(日経225)

225は上値が重いです。
このまま上値期待感よりも一服感が強まるようだと
2万円割れも懸念されます。

今日のところは20150あたりからの売り方針とします。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは今日に入って上昇ムード。
日足で見てもいったん底をつけた印象です。

今日は押し目買い方針。
1250から買い方針です。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは方向感なし。

2716.92で買い増ししてみましたが、
日足を見るともみ合い相場入りしそうな
雰囲気を感じています。

ただビットコインはテクニカルが効かないのですが・・・。

上がったところではいったん利食い方針です。

6/13 2670.30L
6/14 2760.89L
6/15 2537.97L
6/16 2410.14L
6/21 2766.40L
6/22 2716.92L

――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!