海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 【Rank-FX】2017/04/28 マーケットサマリー&本日の売買戦略

【Rank-FX】2017/04/28 マーケットサマリー&本日の売買戦略

2017.4.28

本日もRank-FXディーリングチームによる
マーケットサマリー&本日の売買戦略をお送りします!

皆様のトレードにお役立ていただければと思います。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
04/27 マーケットサマリー
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

昨日のマーケットは前日までの巻き戻しの流れに
一服感が漂う一日となりました。

どの通貨とも方向感の見えない印象でしたが、
ユーロに関してはドラギ総裁会見で
大きく上下動しました。

内容としては、事前に6月に出口戦略の検討を文言に盛り込むのでは?との
報道があり、それを先取りする形で今回景気回復に関しての言及があるかどうかが、
焦点となりました。

会見の冒頭で景気改善を示唆する発言があったことから
ユーロは大きく上昇しましたが、
その後は従来通りの「現在の政策を維持」という主旨の発言に終始したため
ユーロは一転売り攻勢に。

最終的には会見前よりも下落し、その後も戻りの鈍い展開となりました。
□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の注目イベント
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

14:30(欧)仏 国内総生産(前四半期比)
14:30(欧)仏 国内総生産(前年比)
15:45(欧)仏 消費者物価指数(EU基準)最終値(前年比)

16:00(欧)スイス KOF先行指数
17:00(欧)スイス SNBジョルダン総裁講演
17:30(英)BBA住宅ローン承認件数
17:30(英)国内総生産(前年比)
17:30(英)国内総生産(前四半期比)
18:00(欧)消費者物価指数 (コア) (前年比)
18:00(欧)消費者物価指数 (前年比)

21:30(米)GDP価格指数 (Q1)
21:30(米)国内総生産(年率) (Q1)
21:30(米)個人消費支出(PCE)価格指数(前四半期比) (Q1)
21:30(米)個人消費支出(前四半期比) (Q1)
21:30(加)GDP (前月比)
22:45(米)シカゴ購買部協会景気指数

02:00(米)ベーカー・ヒューズ米掘削リグ稼働数

□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本日の売買戦略
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□

【1】概観

昨日はユーロが大きく動きました。
ドラギ総裁は引き続き緩和政策を維持するとしていますが、
6月に向けてマーケットの出口戦略への期待は
再燃すると考えています。
そうなると、ここからはいったん下げるでしょうが底堅く、
6月に向けて再度上昇、というチャートを描きそうです。

週末ということもあり、大きな動きが起きにくいかもしれませんが、
今週を通して大きく値が動いていますので、
ポジションを持ち越したくないトレーダーの
ポジション調整が入るかもしれません。

【2】USDJPY(ドル円)

昨日のドル円は方向感のない展開。

いったん天井を付けたような印象を持っていますので
今日は売り目線で考えます。

111.119で売ってみました。

【3】EURUSD(ユーロドル)

ユーロはドラギさんに振り回されました。
テクニカル的にはいったん下げてから、
もう一度上を目指す流れをイメージしています。

1.08655で売りました。

【4】GBPUSD(ポンドドル)

ポンドはじり高。世界的なリスクオフの解消と
解散総選挙がポジティブに受け止められている模様。

こちらはじっくり待って売り方針です。
1.293-5あたりが目安です。

【5】N225(日経225)

225は19300に届かず下落。
こちらも今日は売り方針。

19206で売ってみました。

【6】XAUUSD(金)

GOLDは上下動するも方向感なし。
こちらは今日はレンジと想定します。

1250-1270でレンジ逆張り方針で臨みます。

【7】BTCUSD(ビットコイン)

ビットコインは$1300!
指値は1275だけ指さっていました。
1306.35で決済。

日足でみるとそろそろ過熱感を感じます。
が、売りポジも怖いので、今日はいったんノーポジで
押し目を待つ方針です。

1280、1250、1200に買い指値。
――――――――――――――――――――

それでは本日もよい一日を!!