海外FX業者一覧!ボーナス・日本語サポートが充実している業者はこちら

  • > 
  • 海外FX口座開設時の注意点などを徹底解説

海外FX口座開設時の注意点などを徹底解説

規制の多い国内FXと比べ、ハイレバレッジやゼロカットシステム、そして豊富なボーナス・キャンペーンなど、日本人トレーダーにも人気の高い海外FX。興味があってもなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。海外FXには新規口座開設も含め、さまざまなお得情報が詰まっています。海外FXの口座開設一つを取って見ても、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどに恵まれており、初心者でも海外FXを始めやすい環境が整えられています。
当然、メリットばかりではなく、税金対策が必要となったり、日本語サポートが十分ではなかったりなどデメリットも含んでいます。ここでは、こうした海外FX口座開設時におけるメリットやデメリット、そして注意点などについて徹底解説いたします。

海外FXの口座開設を行うメリット

海外FXと聞くとつい難しいものとしてとらえがちですが、日本国内のFXと比べるとメリットが多く、海外FXを選ぶ日本人トレーダーも少なくはありません。はじめの一歩として新規口座開設がありますが、この口座開設だけでも数多くのメリットが用意されています。

口座開設ボーナスはもちろん、入金ボーナスやハイレバレッジ、ゼロカットシステムなど、トレーダーが積極的に取引できる環境が整えられています。初めはわからないことも多く、戸惑うこともあるかもしれません。しかし、実績のある海外FX業者であれば日本語サポートも比較的充実しており、他にも便利なサポートが用意されているので覚えておいて損はないでしょう。国内FXでは得ることのできないこれらのメリットについてご紹介します。

レバレッジ規制がゆるい

FXでは業者に委託した資金を元金とした上で、何倍もの価値がある通貨を取引することができます。売買によって生じた差額は利益となり、これを目当てに海外FXを始める人も少なくはありません。こうした仕組みを「レバレッジ」と呼び、少ない資金でも大きな利益を期待できることから、FXの持つ一番の魅力として知られています。

例えば手元の資金が3万円しかない場合でも、レバレッジが100倍であれば300万円分の取引が可能になります。株式や債券では売買の度に一度、決済をしなければなりません。それに比べ、FXは売買取引で生じた差額だけを決済する決まりとなっており、取引の間は金銭のやり取りはありません。そのため、自身が保有する資金以上の取引ができるのです。

これこそがレバレッジの利点と言えます。ハイレバレッジであればあるほど実際の資金よりもはるかに大きな金額のものを購入でき、価格上昇時に売却すれば大きな利益へとつなげることも可能となるわけです。

日本国内のFXではレバレッジ最大25倍と法律で決められています。海外FXはこうした規制がなく、25倍を超えるレバレッジをかけることができます。

追証がない

海外FXの中には追証のないところも多く、FXで投資したお金以上の損失を被ることはありません。レバレッジ規制の緩さに加え、これも海外FXの人気を高める大きな魅力となっています。国内FXでは追証が発生するため、取引で何百万、何千万と追証が発生した場合は、その額を業者から請求されることになります。追証の扱いは債務、つまり借金となるため、国内FXは非常にリスクが高いと考える人も多いようです。

では追証を支払えないとどうなるのでしょうか。借金の担保として私有の財産が差し押さえにあい、それでも支払えない場合は自己破産ということにもなりかねません。しかし、海外FX業者の多くがこうした追証がないシステム方式を採用しているため、大きなリスクを冒さずに投資運用を始めることが可能なのです。

こうした追証がないシステム方式を「ゼロカットシステム」と呼んでおり、海外FXが持つ大きな特徴の一つとして知られています。海外FXは高いレバレッジが受けられるため、勝てばハイリターンが期待できますが、同時にハイリスクを背負うことにもなります。追証による投資家への負担を減らすため、海外FX業者では口座の残高がマイナスになったとしても、ゼロカットシステムによってその分を帳消しにすることが可能なのです。

このシステムによって追証を気にすることなく、強気で取引できるようになりました。大きなリスクを背負うこともないため新たに口座開設するハードルも低く、誰でも始めやすい環境が整えられています。海外FXを始める時は、ゼロカットシステムが導入されているかどうかにも気を配るようにしましょう。

新規口座開設ボーナスが豊富

新規口座開設のボーナスやキャンペーンが充実している点も、海外FXの大きな特徴です。ここでは、代表的なポーナスとされる新規口座開設ボーナスについて見ていきましょう。海外FX業者によってボーナスの額や生じた利益の出金条件などが異なるため注意が必要です。XMを一例に挙げると、ボーナス額はおよそ3,000円で、無条件で利益分を出金できるとされていますが、業者によっては利益の出金に一定の条件がつく場合がありますのでご注意ください。

新規の口座開設のみで誰でも上記ボーナスを受けることができます。しかし、その額は決して大きいものではなく、取引次第ではすぐになくなってしまう金額です。投資資金としては額が小さいことから、実際の口座運用のテストとしてボーナスを利用する人もいるようです。

入金ボーナスでお得に取引できる

新規口座開設だけでなく、海外FXには入金ボーナスも用意されています。入金ボーナスとは入金額によって○○%分の証拠金を受け取ることができるシステムです。たとえば、「100%入金ボーナス」と書かれていた場合、入金した額と同じ額のボーナスをもらうことができます。つまり、実質2倍の証拠金を保有した上で投資取引を開始できるということです。

この入金ボーナスで得られる額は海外FX業者ごとに異なるケースがあります。代表的な業者の例を見てみると、XMやiFOREX、そしてFBSは入金額の100%がボーナスとして手に入ります。ただし最大額が決まっており、XMは$500、iFOREXは$1,000、そしてFBSは$20,000までと決まっています。一方、LAND-FXは入金額の30%のボーナスとなっており、最大で$3,000まで得られるなど、各社で違いが見られます。

取引の透明性が高い

海外FXではNDD方式と呼ばれる取引手法が主流となっており、これは取引の間にディーラーを挟まずに取引する方法です。NDD方式では、トレーダーの注文はすべてネットワークを介してカバー先となる銀行へと届きます。FX業者はあくまで仲介に過ぎず、トレーダーたちが取引すればするほど業者には取引手数料という形で利益が舞い込みます。取引が活発になるほど双方にメリットが生じるため、ハイレバレッジや入金・新規口座開設ボーナスなどのキャンペーンやサービスが充実しているわけです。

一方、日本国内FXの場合はDD方式を採用しています。この方式は間にFX業者(ディーラー)が入るため、ディーラー都合で注文拒否や口座凍結といった操作が行われやすい環境にあります。こうした点がトレーダーにとっては不透明とされる要因とされており、NDD方式でディーラーの干渉を受けない海外FXは非常に透明性が高いと評価されています。

海外FXの口座開設を行なうデメリット

国内FXと比べるとハイレバレッジでボーナスにも恵まれている海外FXですが、メリットばかりでなくいくつかのデメリットも抱えています。FXを取り巻く税金対策や日本人向けサポートの充実度、業者倒産の危険性などに対するリスクマネジメントは欠かせません。しかし、必ずしもリスクを生じるデメリットばかりではなく、しっかりと知識を身に付けておくことで回避できるリスクがほとんどです。海外FXで一攫千金を狙う前に、まず一度どのようなデメリットが存在するのかを確認しておきましょう。ここでは、口座開設をする前に把握しておくべき海外FXのデメリットとその特徴についてご紹介します。安全なFXライフのためにお役立て下さい。

海外の業者でも税金がかかる

うっかり忘れてはいけないのが、海外FXであっても納税義務が発生する点です。FX取引で利益が生じれば当然確定申告を行わなければならず、給与所得者の場合は「年間20万円以上の利益」、非給与所得者の場合は「年間38万円以上の利益」と決まっています。給与所得者とは主にサラリーマンやアルバイト、パートが該当し、非給与所得者はアルバイトをしていない学生や専業主婦・主夫、定年退職者、無職などが該当します。

海外FXで生じた利益は雑所得の総合課税扱いとなります。これは利益が大きくなるほど税率が大きくなる方式で195万円以下なら15%、330万円以下なら20%、695万円以下なら30%と徐々に税率が大きくなります。最大で50%となるため、トレーダーの間ではいかに税率を抑えた節税対策の行うかが重視されています。ちなみに日本国内FXでは利益の額にかかわらず、税率は一律20%となっています。そのため、この税率20%をボーダーとして、330万円までの利益を目標とする人も多いようです。

納税対象となるボーダーを超えているにもかかわらず、納税を怠ってしまうと脱税とみなされる可能性もあるため、FXトレードで収益があった場合は収支表をつけるなどの工夫が必要です。ちなみに、税金がかかるのは決済が完了し、確定した利益のみです。

サポートが母国語(日本語)に対応していない

日本人トレーダーが海外FX業者を利用する際、特に気になる点が日本語サポートの有無ではないでしょうか。新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどキャンペーンの豊富さが魅力の海外FXですが、必ずしも日本語対応サポートが整っているわけではありません。

そのため、海外FXで口座開設する時は取引に関する条件だけでなく、カスタマーサポートが日本語に対応されているかどうかも確認しましょう。XMやLAND-FX、AXIORY、TitanFXなどでは日本語によるライブチャットや電話・Eメールサポートが充実しています。日本人トレーダーによる取引量が多いためか、こうした大手海外FXでは比較的日本語サポートが整っている傾向にあります。

倒産する危険がある

海外FX業者に限りませんが、倒産も海外FXの抱える大きな問題点となります。国内FXの場合はいろいろな制限がつくものの、トラブルの際に資産を守る「信託保全」と呼ばれる制度を取り入れているため、倒産したとしてもトレーダーが被害を受けることはありません。しかし、海外FXだと信託保全を取り入れている業者とそうでない業者が混在しているため、口座開設前にしっかり確認しておくべきです。

こうした制度を取り入れていないところでは、全額とはいかないまでも一定の損害を被る可能性が考えられます。どんな大手の業者であっても倒産の危機をゼロにすることはできませんが、取引実績豊富、または創業から運用が長く続いている業者であれば、比較的安心と言えます。

スプレッドが大きい

スプレッドは、トレーダーがFX業者に支払う手数料を指します。頻繁に取引を繰り返す場合、手数料は安いに越したことはありません。手数料が安い場合は「スプレッドが狭い」、逆に高い場合は「スプレッドが広い」と表現します。このスプレッドは業者によって異なっており、海外FXを選ぶ時もスプレッドが安い所を探し出すことは取引を長く続ける上で欠かせないポイントとなっています。

国内FXと海外FXのスプレッド幅を比較すると国内の方が狭く、海外の方が広く設定されています。ハイレバレッジが可能であることや、複数のボーナスやキャンペーンに恵まれている海外FXですが、スプレッドの広さをネックと考える人もいます。口座開設の前にしっかりとスプレッド幅を確認しておくようにしましょう。FX業者選びで失敗しないためには、スプレッドの狭さだけでなく、それ以外のフォローやサポートにも着目した上での業者選びが大切です。

ハイレバレッジが取れてしまう

レバレッジの規制が緩いことから、日本国内では海外FXのようなハイレバレッジは「リスクが高く危険である」との見方が強くなっています。なぜハイレバレッジが危険とされているのでしょうか。それはトレーダー自身が資金管理できないことが理由とされています。過当投機や不健全と判断される取引が続いたことなどから国内FXではレバレッジ規制が敷かれたこともあり、海外FXのハイレバレッジは資金管理において極めて危険と判断されるようになったとのことです。

従来、レバレッジは取引に必要とされる資金、つまり証拠金の額を定めるものであり、損益には直接影響しないものとされています。海外FXではゼロカットシステムにより損益リスクが抑えられるなど、本来であれば大きなメリットなのです。

信託保全が義務化されていない

取引に利用している海外FX業者が倒産してしまった場合、保有していた資産はどうなるのでしょうか。倒産とともにトレーダーの資産が失われてしまうような事態を避けるため、「信託保全」と呼ばれる制度が存在します。信託保全とは、トレーダーが投資した資金を信託銀行に託す事で、FX業者が倒産するようなことがあっても、信託銀行を通じて預けていた資金がトレーダーに返却される仕組みです。

しかし、海外FXでは信託保全が義務化されているわけではないため、業者選びの際には信託保全が取り入れられているところを選ぶべきです。XMやAXIORYなど大手であれば大抵は信託保全を取り入れているため、この制度を取り入れていない業者よりはずっと安心して取引できるでしょう。

海外FX口座を開設する際の注意点

海外FXでの取引で欠かせない海外口座ですが、国内の口座とはまた違った注意点が存在します。当然管理は海外の業者が行うため、日本の金融庁や関連機関による保護を受けることができません。これは海外FXにおける大きなリスクの一つとして考えられています。万が一、損害が生じた場合でも、それはトレーダー自身の責任であり一切補償は発生しません。

こうしたリスクを避け、たとえ損害が生じても最小限に抑えるためには、海外口座が抱える問題点を知り、リスクに備えることが何より大切です。特にお金の話となると税金の話も出てくるため、利益の額に合った税率から支払うべき税金を割り出さなければなりません。ここではこうした、海外口座を利用する際の基本ともなる注意点をご紹介します。

課税が雑所得の総合課税扱いになる

国内FXは申告分離課税扱いとなるため、利益の額にかかわらず税金は一律20%と決められています。一方、海外FXは雑所得の総合課税として扱われます。これにより、利益に応じた税率の下で支払うべき税金が計算されます。課税所得金額が195万円以下なら15%、330万円以下なら税率20%なので国内FXより安いか、または同じで済みます。ただし330万円を超えると30%、695万円を超えると33%と、徐々に税率が大きくなっていくため注意が必要です。最終的に1,800万円を超えた時、税率は何と50%にもなるのです。そのため、海外FXで利益が出そうな時は国内FXの税率を上回る330万円を目安に取引する方が良いとされています。

このように海外FXの課税は国内FXと異なっており、稼げば稼ぐほどその税額は大きくなっていきます。節税対策する意味でも330万円をボーダーにすることが推奨されているなど、利益を最大限引き出すには税率を意識することが非常に重要です。また、海外FXでは複数年にわたる損失の繰り越し、損益通算はできないため毎年税金支払いが発生します。国内FXのように損益通算してしまうと無申告加算税などが課される可能性もあるため、この点にも留意しましょう。税率計算などを事前に良く確認しておき、利益と支払うべき税金の計算がスムーズに行えるよう、帳簿や控えを取っておくことをおすすめします。

業者によっては入出金に時間やコストがかかる

海外FX業者の場合、入出金の手続きにも色々と手段が存在しています。スムーズで安全な取引を続けるためには入金はもちろん、出金手続きに関してもよく検討したうえで選ばなければなりません。一般的な入出金方法としてはクレジットカードや銀行送金があります。それぞれの方法によって入出金にかかる手続きやコスト、時間に違いが見られるため、どの方法を選ぶかは極めて重要と言えるでしょう。特にクレジットカード手続きはカード会社の処理スピードに左右されるため、予想以上に時間がかかる可能性があります。また、銀行送金については国内送金と海外送金があり、海外送金だと出金処理に数日かかります。また手続きも他の方法と比べて煩雑で、手数料も高い傾向にあります。国内送金は手数料は安く、入金処理も早いものの100万円以上の入金は制限されるなどの条件がつくため、注意が必要です。

また、最近注目を集めている入出金方法に仮想通貨が挙げられます。特に有名なビットコインが使われることが多く、管理会社や運営企業が存在しないため「手数料が安い」、「入出金手続きが早い」といったメリットが存在します。クレジットカードや銀行を介する場合と比べても掛かるコストが低く、徐々に利用者が拡大してきている状況です。

将来的に金融庁による規制の対象となる可能性がある

2017年の段階では海外FXに対する国内の規制は存在しませんが、将来的には何らかの法規制が施行される可能性があります。具体的には、海外FX業者が日本国内のトレーダーに対して金融サービスやサポートを提供する際、金融庁による認可等が必要になると言われています。これにより金融庁監督の下、海外FX業者には規制に則ったサービス提供が求められることとなります。

国内FXのおいては金融庁の監督下にあることから、取引の面でさまざまな規制が設けられています。代表的な規制はやはりレバレッジでしょう。海外FXでは1000倍近くかけられるレバレッジも日本国内ではわずか25倍に過ぎません。金融庁はその理由として、ハイレバレッジでのFX取引ではゼロカットシステムといった機能が十分に働かないためと述べています。この点に関しては賛否両論があり、現在も議論が交わされているところです。

海外口座を利用したFX取引は金融庁の管轄外であり、現状では規制対象にはなっていませんが、海外FXも金融サービスの一つであることや、入出金による資金の移動などを理由に将来、金融庁の規制対象となる可能性は充分にあります海外FXに関する日本国内の動向については、常に最新情報を確認するよう心がけておきましょう。

業者の信用リスクが高い

ハイレバレッジやゼロカットシステムなど、海外FXには魅力的なボーナスやキャンペーンが揃っています。しかし、FXの海外口座は日本国内金融庁の管轄外となるため、海外FX業者の倒産や詐欺といったトラブルが生じても、日本の法律による保護を受けることができません。特に資金面で損害が出たとしても補償は得られないため、注意が必要です。

そのため、海外FX業者や海外口座を利用する際には、実績豊富で信託保全といったリスク対策が充分になされた業者を選ぶようにしましょう。いつどのようなトラブルが生じても被害を最小限に留めるため、入金額もあまり大きくならないように配慮すべきです。利益を優先して多額の資金投資を行うトレーダーもいますが、こうした運用には知識と経験が何より重要です。特に初心者の方が海外FXを始める場合は常にリスクを考え、少額資金から始めることが推奨されています。

ついつい新規口座開設ボーナスや入金ボーナス、ポイント制度などに目がいってしまいがちですが、利益だけでなく大切な資金を預ける観点から、リスクマネジメントといった対策を講じることも非常に重要です。資金管理を業者任せにせず、しっかりと自己管理することが大きな損害を避ける一番の対策と言えるでしょう。

海外FX口座の入出金について

入出金手続きは海外FX取引の基本です。手続き方法にもいろいろとあり、それぞれのメリットやデメリットといった特徴について詳しく知っておくことは極めて重要です。代表的な方法としてはクレジットカード、銀行送金、オンラインウォレットや電子マネー、ビットコインで知られる仮想通貨、そして小切手があります。中でもクレジットカードやオンラインウォレットの利用率は高く、最近注目を集めているビットコインでの入出金も少しずつ増えているようです。これらと比べて小切手などはあまり一般的に用いられている入出金方法ではありませんが、知っておいて損はありません。

ここでは、海外FXのさまざまな入出金方法の特徴やメリット・デメリットに焦点を当て、注意すべき点なども含めてご紹介します。

主な入出金方法

クレジットカード

日本で発行されたクレジットカードを利用する場合、ショッピングの利用限度額を上限として海外口座に資金を入金できます。カード会社の処理スピードにもよりますが、基本的には即座に入金、反映されます。出金についても同様で、手続きから反映までスムーズに進むため、スピーディーな取引を希望する方におすすめの方法です。ちなみにクレジットカードを利用して出金する場合、入金時に利用したショッピング枠のキャンセル手続きを行った上で返金処理が行われる流れとなっているため、クレジットカードの入金分が出金の限度額となります。おもな注意点は、マネーロンダリングを防止するため、取引に利用される海外口座の保有者本人名義以外のカードでは利用できないようになっている点です。

VISAやMasterCardなど、主要なクレジットカードはもちろん、デビットカードを利用することも可能です。デビットカードもクレジットカード同様、利用限度額までの資金を海外口座に入金できるようになっています。ただし、JCBやアメリカンエクスプレスは利用できないため、海外FX業者を選ぶ際にはどのクレジットカードに対応しているかをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

銀行送金

国内の銀行から入金する銀行送金は主に銀行窓口やATM、ネットバンキングを利用します。業者指定の、日本国内銀行口座限定となりますが、指定口座であれば振込入金もスピーディーに対応してもらえます。指定口座に入金され次第、取引口座へ反映される点に加え、振込以外の手数料がかからない点が人気の理由とされています。

大手海外FX業者であるXMやBIGBOSS、LAND-FX、TitanFX、AXIORYなどでは指定された三井住友銀行の口座へ振り込むだけで入金できるサービスも用意されているなど、こちらも人気の高い方法として知られています。銀行送金による入金はクレジットカードと比べると若干時間がかかりますが、早ければ数十分、遅くても翌営業日には取引口座に反映されます。ただし、これは海外FX業者にもよるため、気になる方は事前に確認しておくことをおすすめします。

オンラインウォレット

オンライン上から決済できるオンラインウォレットも、スピーディーな入金と反映で人気を呼んでいる入金方法です。PayPalのようなオンライン決済サービスでの入金も可能となっており、それぞれの口座残高を上限とした海外FX業者の口座への入金が可能となっています。オンライン決済の大きな特徴はその反映速度の速さです。オンライン決済サービスを利用して入金した場合、即座に取引口座へと入金が反映されます。遅くとも数時間で反映されるため、スムーズに取引に移行できる点はもちろん、出金の場合でも即座に着金が反映されるため、ストレスフリーです。

SkrillやNETELLERといったオンライン決済サービスも存在しますが、こちらは日本居住者に対する入出金サービスをすでに終了しているため、利用したい決済サービスがある場合は、日本居住者でも利用できるかどうかをしっかりチェックしたうえで選択すると良いでしょう。

仮想通貨

ビットコインの普及を背景に急速に世界中へと広まった仮想通貨ですが、そのメリットに着目し、入出金方法として導入する海外FX業者が増えています。その利便性の高さから、オンラインウォレットと並ぶほどの注目度となっています。代表的なビットコインのメリットとしては、その手数料の安さや、送金スピードの速さ、安全性の高さなどが挙げられます。国内の銀行を介した送金の場合、仲介として多くの金融機関を経ることとなります。そのため、おのずと手数料も高くなり、最低でも2,500円ほどがかかるとされています。

一方、ビットコインであれば運営媒体も仲介も存在せず取引相手と直接やりとりができるため、手数料は数十円から数百円程度におさまります。また、金融機関を仲介しないので送金スピードも速く、依頼から反映まで1、2時間程度と即時決済を可能としています。また、ビットコインを支えるブロックチェーン技術により、取引の安全性が極めて高いことから徐々に人気を集めている入出金方法です。

小切手

小切手とは、国内や海外の銀行で発行された小切手を海外FX業者に国際郵便で送付することで、換金後取引口座へ入金する方法です。他の入出金方法と比べてアナログなため、入金までには半月ほど時間がかかる点が特徴です。小切手換金の手続きにはまず、取引口座の存在する銀行窓口へと通帳と小切手を持って行きます。手続きの数日後には口座への入金が確認されます。

クレジットカードや銀行送金、オンラインウォレットと比べると手間が多く、海外FX業者から小切手が届くまでにも時間がかかります。そのため、あまり利用率は高くありません。さらに換金手数料等が発生するなどの理由から、現在では一般的な海外FXの入出金方法とはされていません。

入出金時の注意点

海外FXの入出金方法はそれぞれに注意点が異なるため、ここでおさらいしておきましょう。まず、クレジットカードによる入出金手続きはショッピングと同様の扱いになるため、ショッピング枠上限以上の入金は不可能です。また使えるクレジットカードも決まっており、VISAやMasterCard、ダイナースは可能ですが、JCBやアメリカンエクスプレスは利用できません。また、クレジットカードで入金すると、出金はクレジットカードへ優先的に行われます。

銀行送金の場合は上限なしに振り込むことが可能です。国内銀行送金であれば送金手数料もそれほどかからず、現在では多くの海外FX業者が国内の銀行送金を取り入れています。

ビットコインは送金スピードが速く、手数料の安さが魅力ですが価格変動という性質を持つため、入金や出金額が変わる可能性があります。また、入金した金額分しか出金できないようになっています。

オンラインウォレットで入出金を行う場合はFX業者に登録した氏名、メールアドレスが一致しないと利用できないケースもあるため、両者の登録内容は一致させておく方が無難です。

まとめ

いかがでしたか。海外FX口座開設におけるメリットやデメリット、そして注意点などを大まかにご理解いただけたと思います。規制の強い国内FXと比較するとハイレバレッジによるリターンが期待できたり、損益が発生してもゼロカットシステムによりトレーダー自身の負担は生じなかったりとさまざまな面でメリットがあります。もちろん、税金に関する知識も必要になり、確定申告などの手続きが滞ればペナルティーが発生する可能性もあります。加えて、海外FX業者には常に倒産のリスクがつきまとい、信託保全が義務化されていないといった不安要素もあります。そのため、海外FXを始める際には、できる限り実績のある業者を選ぶようにしましょう。常時リスクを想定して取引することは、大きな損害を避け、利益につなげるうえで必須です。